やりがいのある仕事とは?興味が持てない場合は転職も視野に入れるべき?

やりがいのある仕事とは

(やりがいのある仕事とは?続けるべき仕事とそうでない仕事の見分け方を具体的に解説します)

  • 今の仕事、給料や福利厚生は悪くないんだけど、やりがいのある仕事とはとてもいえないんだよな…。
  • やりがいをもって楽しく仕事をしている人は考え方がどう違うんだろう?
  • どうしても興味が持てない仕事の場合、転職を考えるべき?

↑今回は、こうしたお悩みについてです。

あなたは今就いている仕事にやりがいを感じ、興味をもって業務を進めていますか?

「やりがいのある仕事」の基準をずばり言ってしまうと、「①その仕事が性質的に好きであること・②一緒に働く人やお客さんからの承認を得られること・③自分のなりたい将来につながっていること」という、「3つの条件」がバランスよく噛み合っていることです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「やりがいのある仕事」の3つの条件

  • ①その仕事が性質的に好き
  • ②一緒に働く人やお客さんからの承認を得られること
  • ③③自分のなりたい将来につながっていること

実際には、この中の1つでも満たされる仕事ができているのであれば、仕事の満足感はそう低くはなりません。

逆に、もし今のあなたの仕事から、これら3つのいずれも感じられないのであれば、転職も視野にいれるべきかもしれません。

以下、くわしく解説していきます。

[ad#co-1]

やりがいある仕事とは?3つの条件

↓上でも見た「3つの条件」もう一度書きます。

「やりがいのある仕事」の3つの条件

  • ①その仕事が性質的に好き
  • ②一緒に働く人やお客さんからの承認を得られること
  • ③自分のなりたい将来につながっていること

この3つのポイントがバランスよく高水準であれば、仕事にやりがいを感じられます。

[ad#co-1]

①その仕事が性質的に好き:好きな仕事は成果を出しやすい

「好きを仕事にするのは難しい」と言いますが、実際は好きな仕事であるほど成果が出やすいです。

好きだからこそスポーツや勉強のように、知識習得、技術向上、資格取得などのインプットやアウトプットを積極的に行うのです。

②一緒に働く人やお客さんからの承認を得られること:他人から承認や感謝される仕事は継続できる

心理学上、人間はマズローの欲求段階説上位の「承認欲求」や「自己実現欲求」を欲しており、それに結びつく他人からの承認や感謝は強いやりがいを感じさせます。

能力や可能性を最大限に発揮したい自己実現欲求はお客様からの感謝、存在価値を認められたいという承認欲求は上司や部下からの評価や承認によって満たされるのです。

③自分のなりたい将来につながっていること:長期的なモチベーション維持につながる

今の仕事によって得られるスキルや人脈が、自分が本当になりたい将来につながっているとき人はやりがいを感じます。

仕事を進めれば進めるほどなりたい自分になれる、そんな仕事であれば高いモチベーションを保ち続けられるのです。

[ad#co-1]

今の仕事にどうしても興味が持てないときはどうする?

どれだけあなたが努力をしても、今就いている仕事に興味が持てないこともあります。

会社の人員や業務が変わることは滅多にないため、職場に残り続けても興味あるものに変わる可能性はほぼ無いでしょう。

たとえば、次のような影響が見られる場合、転職も視野にいれる必要がるでしょう。

人間関係の悩みが解決しない(上司・同僚・部下)

いくら話し合ったり上に相談したりしても人間関係の問題が解決しない場合、環境を変えることを推奨します。

人の本質が変わることはほとんどなく、職場の人員編成がやり直されることも稀です。

少ない可能性のかけるより、新たな職場を求めることも選択肢に入れましょう。

[ad#co-1]

プライベートにも悪影響が出ている

仕事と関係のないプライベートの場でも仕事で悩んだり、遊びや趣味を楽しめなかったりする場合は、職場を変えたほうが良いです。

その仕事は人生を我慢してでも続けるべきことなのか一度考えましょう。

家族がいる場合は家族の状況や気持ちを話し合い、独身の場合は自分自身に問いかけてみてください。

本気で自分のしたい仕事がある

自分が心の底からやりたい、または小さい頃から夢だった仕事に就くチャンスがある場合、その職に転職することをおすすめします。

自分のやりたい、または夢であった仕事であれば、上記で説明した「好き・承認・なりたい将来」が噛み合った仕事となるためです。

最初は給料が少なくても、すぐに結果出て収入・評価アップにつながるでしょう。

[ad#co-1]

まとめ

やりがいある仕事とは「好き・承認・なりたい将来」が噛み合ったものであると解説しました。

やりがいある仕事は結果に結びつきやすいですが、やりがいのない仕事はその逆です。

職場環境が劇的に改善される可能性は低いため、やりがいが感じられる仕事を求めるのであれば、転職を視野に入れましょう。

自分にとってのやりがいを、今一度探してみてはいかがでしょうか。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする