コミュ障の仕事でおすすめは?正社員ならプログラマ?転職したい人へ

コミュ障 仕事 おすすめ

(コミュ障の人におすすめの仕事は?仕事の選び方を具体的に解説します)

  • 会社に就職できたはいいものの、仕事そのものより上司や同僚とのコミュニケーションがつらい…。
  • 状況的に少しでも早く就職しなければならないが、とにかく人とコミュニケーションをとるのが苦手で就職したくない…。

↑こういったお悩みをお持ちの方は少なくないでしょう。

実際、転職したい理由として最も多いのは「上司と合わない」・3位は「同僚と上手くいかない」という調査結果があります。

社会人になった後にもコミュ障や人見知りにお悩みの方は決して少なくないのです。

今回はそんなコミュニケーションにお悩みの方向けに、「コミュ障でもしっかり続けられる、おすすめの仕事を」紹介します。

[ad#co-1]

コミュ障の仕事選びでおすすめの方法

コミュ障の人の多くが「無理やりにでも自分の人見知りを治さないといけない…」と感じているのではないでしょうか。

しかし、結論から言うとこうした考え方は正しくありません。

精神的なストレスが大きすぎる仕事や職場環境というのは何よりも継続ができません。

ある程度の期間、1つの職場での継続的な勤務ができないと、キャリア形成のスタート地点に立つことが難しいのです。

コミュ障の人が選ぶべき仕事は、ずばり「コミュニケーションが少ない仕事」です。

当たり前かもしれませんが、やはりこれが一番です。

自分の性格や特性に合わせて仕事を選ぶのはとても自然なことですから、無理にコミュニケーション能力をつけようとする必要はありませんし、仕事を選ぶことに罪悪感を持つ必要はありません。

以下ではコミュニケーションの絶対量が少ない仕事を紹介しますので、次の職場を選ぶ際の参考にしてみてください。

[ad#co-ue]

コミュ障におすすめの仕事①:プログラマ

プログラマは、比較的コミュニケーション量が少ないとされます。

職人さんをイメージしてみてください。

黙々と仕事をする人や気難しい人をよく職人気質と言ったりしますよね。

逆に言えば職人はコミュニケーションが苦手でも腕が立てば仕事ができるとも言えます。

コミュ障におすすめの仕事②:Webライター

Webライターに限らず在宅業務は比較的コミュニケーションが少ないです。

またコミュニケーションをとるときも大体は直接会わずに電話やメールなので負担が少ないです。

[ad#co-1]

コミュ障におすすめの仕事③:工場勤務

いわゆるライン作業です。

単調作業が苦にならない人ならうってつけです。

ただし、ずっと立ち作業で腰が痛くなるなどのリスクがあります。

コミュ障におすすめの仕事④:運送業

トラックの運転手ですね。

言わずもがな仕事時間のほとんどはトラックの運転ですからコミュニケーションはありません。

[ad#co-1]

コミュ障におすすめの仕事⑤:コールセンター

「え、めっちゃ喋るじゃん」と思うかもしれませんが、受け答えのほとんどはマニュアル通りの事務的なものなので意外にも負担は少なめ。

それなのに正しい敬語や使いやすい言葉の使いまわしを学べるのでコミュニケーション能力を少し向上させることもできます。

いわゆる「喋るコミュ障」の人や語彙力不足で喋れないという人におススメ。

コミュ障におすすめの仕事⑥:警備業

勤務を続けると資格取得のチャンスがあります。

資格をとれば収入も安定。

競争も少なく仕事もなくならないのでがっちりした立ち位置ができます。

[ad#co-1]

コミュ障におすすめの仕事⑦:清掃業

こちらも人とのコミュニケーションはほとんどありません。

ただ自分が掃除した場所が雑に汚されていると凹むこともあると思います。

そういうことが気にならない人向け。

コミュ障におすすめの仕事⑧:事務員

窓口対応でもなければ意外とコミュニケーションは少なめ。

他の工場勤務や運送業などに比べて職場の自由度が高いです。

ある程度リベラルに過ごしたい方におススメ。

[ad#co-1]

コミュ障におすすめの仕事⑨:派遣社員

コミュニケーションが少ないわけではないのですが、期間が満了すれば次の職場に移れます。

「人とコミュニケーションをとるのは苦ではないが、人と関係を積み重ねるのが苦手」という人にはおススメです。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする