【ブラック企業のパワハラ事例】体験談で絶望的な会社の実態を紹介!

ブラック企業では、パワハラが日常的に行われています。

ここではブラック企業に実際につとめていた投稿者の実体験ベースで、パワハラの事例を紹介しましょう。

同じような特徴のある職場に勤めている!という方は、我慢せずにまわりの方に相談してみてくださいね。

[ad#co-1]

ブラック企業のパワハラ事例

ブラック企業 パワハラ 事例

投稿者が実際に直面した職場体験として、次のような事例がありました。

あなたが勤めている職場にも同じような人や、環境がないでしょうか?

職場環境に慣れていると、客観的に見たらパワハラが横行している状況でも、「普通のこと」と考えてしまいがちです。

私の体験談を読んでいただいた方に、「ひょっとしたらうちの職場もパワハラかも…?」と感じてもらえるきっかけになれば幸いです。

[ad#co-1]

①業務時間が長い=帰らせてもらえない

残業時間が長いだけではパワハラと言えませんが、残業を強要してくる、もしくは残業をせざるをえない状況にする(間接的に強要している)などして帰らせないようにする行為はパワハラです。

また上司が帰るまで帰れないという慣習のある企業もいまだにあります。

帰ろうと片づけを始めると「○○さん、もう帰るの?○○は終わったの?」などと言って新たに仕事を上乗せし帰らせないこともパワハラです。

②暴言を吐く、無視、仲間外しなど

どこまでが暴言なのか毎日言われていて(聞いていて)わからなくなった、という人もいるかもしれませんが下記を確認してみましょう。

例えば、他の社員やお客様など大勢の目の前であなたが理不尽な内容で怒鳴られていたらどうでしょうか?

周りの人に怒鳴られているところを見られているだけでもかなりの精神的ストレスを感じます。

他には仕事と関係ない内容、私生活のことであれば家族構成やどんな家に住んでいるのか、どんな車に乗っているのかなどを話したくないのに聞かれて答えさせられることもパワハラです。

また性格に関することなどで文句を言われることも業務に関係ありませんし、個人に対して会社として文句を言うべきではありません。

ブス、ハゲなどと言われたり変なあだ名で呼ばれたりと馬鹿にされるなどがそれにあたります。

あとは、社員に無視されたり、仲間外れにされたり、出勤したら「何しに来たの?」「辞めていいよ、帰って。さようなら」などと言われて意地悪をすることもパワハラです。

[ad#co-af1]

③暴力を振るわれる

これは明らかですね。

パワハラというよりも内容によっては刑事事件に発展する可能性もあります。

病院などに行って診断書をもらってきた方が良いでしょう。

ひどい場合は警察に被害届を出すこともお勧めします。

「仕事が遅い」と言って上司が殴られた、蹴られた、叩かれたなど口で言うだけでなく暴力をふるうことや、「反省しろ」と言って会社の玄関で正座させ罰を与えることもパワハラです。

暴力はどの世の中でもしてはいけない行為ですし、会社の人間が社員に対して罰を与えたりする権利はありません。

他には会議書類が不十分だとバインダーで叩く、殴るなどの暴力がなくとも襟首や腕を掴んで説教する行為もパワハラです。

[ad#co-1]

④業務と関係ない仕事をさせられる

営業職なのに倉庫の整理をずっとさせられている人のように雇用した業務内容と違う仕事をさせることや、特定の業務がない部署に異動させ、仕事を何も与えないこともパワハラになります。

仕事を与えないことがパワハラだと知らない人も多いですが、仕事を与えられないのに毎日出勤して時間を過ごす人のことを考えると精神的な苦痛は大きいことが理解できると思います。

複数社員が働いている中で一人だけ別室に追いやって仕事をさせることもパワハラです。

[ad#co-1]

⑤達成不可能なことや無理な要求をする

仕事のやり方がわからない新人や部署外の社員に仕事を押し付けて自分は帰ってしまう、という行為や達成不可能な数値を与え、その数値を達成できない場合にペナルティを与えることもパワハラです。

上司が起こしたもしくは自分以外の社員が起こした不祥事を自分のせいにされ、始末書や後処理をさせられるなど責任転嫁もこれにあたります。

[ad#co-1]

そもそもパワーハラスメント(パワハラ)とは?

パワーハラスメント(パワハラ)とは、同じ職場の人に対して、精神的・身体的な苦痛を与えることをいいます。

通常のハラスメントと異なる点は、嫌がらせをするときに職場での地位や人間関係を悪用している点です。

例えば、直属の上司というのはなかなか部下の方から違う意見を言うのは難しいですよね。

このような職務上の地位の上下を利用して、上の人が下の人に対して精神的・身体的な苦痛を与える行為をパワハラというのです。

もっとも、通常の業務の範囲内でやや厳しめに叱責するだけでは通常はパワハラとは言われません

パワハラというためには、一般常識で考えて、業務の適正な範囲を超えている状況があることが必要なのです。

例えば、職場全員の人の前で長時間起立させて面罵するとか、見せしめのような形で皆がいやがる業務をやらせるとかいった状況が該当します。

[ad#co-1]

まとめ

今回は、ブラック企業に実際につとめていた投稿者の実体験として、パワハラの事例をいくつか挙げました。

理不尽な言動ややりすぎた行為、暴力、暴言などたとえを挙げるときりがないくらいここに書いていないこともパワハラに当たることはたくさんあります。

もし、パワハラに遭ってしまったらまずは周りの人への相談をお勧めします。

一人で悩まないようにしましょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする