Pocket

ブラック企業を訴えたい!

…しかし、訴える場所がどこなのかわからないと、訴えることができませんよね。

また、訴えるという場合にも、会社に何を求めてどうしたいのか、ということもとても重要です。

この記事では、ブラック企業を訴える場所や、証拠集めの方法について具体例をもとに解説します。

ブラック企業の訴え方①:明確な法律違反がある場合

ブラック企業 訴え

まず「明確な法律違反」の場合について考えましょう。

例えば、「今月の給与が支給されない」といったようなケースであれば、労働基準監督署という役所に訴えれば対処してくれます。

お給料を払わないというのは、労働基準法第24条(毎月決まった日に1回以上通貨で労働者に直接全額を支払わなければならない)に明確に違反しているということになるためです。

労働基準監督署に訴える場合の、具体的な訴え方について以下でご紹介します。

まずは証拠をそろえることが大事

給与未払いのようなケースであれば、まずは労働基準監督署の窓口に行き、具体的な事情を話して指示に従いましょう。

労働基準監督署の窓口に行くと、窓口の担当者から次のような情報を教えてくれるよう求められることが多いです。

労働基準監督署から求められることの多い情報

  • 名前
  • 会社名
  • 在籍年数
  • 役職等の身分
  • 給与支給額
  • 給与口座
  • 通帳
  • 出勤していたこと分かる勤怠記録

これを提示することにより、労働基準監督署から会社側に指導が入りますので、あとは任せておけばスムーズに事が運ぶことがほとんどです。

働いている間にきちんと証拠を集めておく

上で見た一覧で、特に重要になるのが最後の項目の「勤怠記録」です。

これは具体的にはタイムードなどが該当しますので、あらかじめ日常的にコピーを取っておくなどしなくてはなりません。

(※タイムカードがない職場の場合、業務日報などでも代用できます)

残業代が支給されていないというケースで訴える場合、あなたが実際に残業をしていたかどうかは勤怠の記録や勤務表や打刻時間をもとに計算することになるからです。

タイムカードは定時ぴったりでも実際は残業しているという場合

また、実際は残業をしていたけど打刻は定時ピッタリ行っているというケースもあるでしょう。

(タイムカードは定時に押すように、という指示をしているブラックな職場は少なくありません)

これをこのままにしていると、「残業していた」という証拠がなくなってしまうため、訴えることが難しくなってしまいます。

このようなケースでは、タイムカードや業務日報の他に、業務時間後に作成したメモやメールの時刻などを証拠にすることが考えられます。

「もうこの職場は退職しよう」と考えた時点で、こうした対策を継続的に行っておくことが後で請求できる残業代に大きな影響を与えることを知っておいてくださいね。

ブラック企業の訴え方②:明確な法律違反とはいえない場合

上で見たような「明らかな法律違反のケース」では、労働基準監督署に訴えることで解決してくれます。

一方で、パワハラや不当待遇のようなケースについては、証拠を集めることすら難しいのが現状です。

例えば、不当に異動させられて仕事を与えてもらえなくなったというようなケースはパワハラや不当待遇にあたります。

しかし、労働基準監督署に訴えて調査してもらったところで、会社側が「従業員の能力が低いから仕事の少ない部署に異動させただけ」とでも主張すればそれ以上深く掘り下げて調査することができないケースもあるのです。

外部ユニオンとは?

上のようなケースで力になってくれるのが外部ユニオン(合同労組)です。

外部ユニオンはあなたの立場で会社と交渉をしてくれる組織なのです。

外部ユニオンが会社側に行う交渉は、会社側は拒否できないと法律で決まっています。

また、かなりグレーなケースであっても、それなりの証拠を集めたうえで会社を真っ向から糾弾してくれるため、頼もしい集団であることは間違いありません。

ブラック企業を訴えた後のこともよく検討しておく

会社側が従業員全員の賃金を払っていないというようなケースであれば訴えた個人が追求されることもありませんし、訴えて当然ですので心配はありません。

また、賃金が支払われないような会社に残り続ける意味も無いためすぐに転職をするべきです。

しかし、パワハラ等で訴えるケースについては少し違います。

不当な行為があったと会社を糾弾するような場合は、当然訴えた個人は特定されますので、訴えた後もそのままその会社に残り続けたい場合は、働きにくい環境になってしまうことも十分想定されるのです。

万が一転職したくない場合は、訴えた個人名が特定されないように配慮してもらうか、特定されても訴えた後に不利益にならないよう、よく相談することがとても重要になります。

訴えた場合のブラック企業の反応でよくあるケース

ブラック企業は訴えられた場合、すんなりと謝罪し労働者の要求に応じるというわけではありません。

給与の未払いのようなケースではすんなりと応じる可能性はありますが、パワハラ等の場合は「そんな事実は無い」ということを主張するケースがほとんどです。

労働者としては「パワハラを受けた(罵声を浴びせられた)」と主張したとしても、ブラック起業側は「労働者の勘違い」や「労働者の勤務態度に問題があったため注意はしたがパワハラでは無い」と主張します。

証言してくれる人が周りにいる場合等は別ですが、個室でパワハラを受けた場合等は照明してくれる人は誰もいないため、そういった意味でも確実に証拠を集めておくことが必要となります。

ブラック企業を訴えてもすぐには解決しないことを想定しておくこと

ブラック企業を訴えた場合、1日や2日ですぐに解決するということはありません。

企業側とのやり取りがこじれたり、お互いの主張が食い違っていたりする場合については、数ヶ月や数年単位で交渉に時間がかかる可能性があります。

ブラック企業を訴える場合は長期戦になることを想定しておきましょう。

まとめ

今回は、ブラック企業を訴えるときの相談先や準備の進め方について解説しました。

賃金の未払いや残業代の不支給、パワハラによる精神的な被害がある場合、その勤務先を訴えるという方法があります。

ただし、訴えるという手段を講じる場合には、それ相応の証拠を準備しておかなくてはなりません。

退職をしてしまった後になると証拠隠滅をされてしまいますから、職場にまだいるうちから準備をしていくようにしましょう。

「今すぐは転職する気は無い人」も転職サイトに登録しておいた方がいい理由

この記事をお読みの方は、

「なんとなく不満を感じているけど、今すぐ転職しようとまでは思っていない」という人が多いでしょう。

しかし、そんな方も転職サイトに登録するという作業だけは今の段階でやっておくことをおすすめします。

なぜかというと、仕事の疲労やストレスが限界を超えると、「転職サイトに登録する」という作業すらつらくてできなくなってしまうからです。

(ほんとかよ?と思われるかもしれませんが本当です)

私自身経験がありますが、仕事でつらいことが続いた時の精神状態というのは普通じゃありません。

正直にいって、通勤電車をホームで待っているときに、

「このまま線路に飛び込んでしまえば、もう会社にいかなくてもいいんだよな…」

なんてことをふと思ってしまったことは1回や2回ではありませんでした。

常識的に考えれば、自ら命を絶ってしまいたくなるほど辛い仕事なら、別の会社に転職してしまえばいいことですよね。

しかし、精神的に追い詰められている時には、こんな簡単なことですら正常な判断ができなくなってしまいます。

「転職活動なんてやっても無駄だろ…自分の人生なんて一生こんな感じだし」という気持ちになってしまうのです。

(きっとあなたも、同じような気持ちになったことが1回はあるでしょう)

「いざとなったら転職すればいい」という選択肢を持っておくことが大切

もし、あなたが今の仕事をつらいと感じているなら、「情報収集のために転職サイトに登録しておく」という作業だけでもやっておいてください。

転職サイトに登録しておけば、さまざまな求人情報があなたのメールアドレスに届くようになります。

あなたに対して「ぜひうちで働いて欲しい」と思っている会社が世の中にはたくさんあることを知ってください。

そうすれば、「今の会社がどうしてもしんどくなったら、最悪の場合は転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

精神的に限界を超えたときに、「転職」という事前の策を選択できる状態にしておくことが大切なのです。

今すぐ転職するつもりがない人も、転職サイトに登録して日頃から情報収集をしておきましょう。

転職サイトを使えば、あなたと同じぐらいの年齢、同じぐらいのキャリアの人たちがどういう働き方をしていて、いくらぐらいの年収を稼いでいるのか?といった情報も知ることができます。

それだけでも気持ちが楽になる部分があるはずです。

↓※おすすめの転職サイトはこちら。3分あれば無料で登録できます。

【リクルートエージェント】

30年以上も続く仕事生活を「大嫌いな人たち」と過ごしたいですか?

この記事を読まれている人は、比較的若い20代〜30代の方が多いですよね。

(この記事を書いている私も30代です)

私たちが老後を迎えるころには、サラリーマンの定年は65歳〜70歳になっているでしょう。

そうすると、私やあなたの仕事人生は今から30年〜40年以上も続いていくことになりますね。

いわば人生のほとんどを職場の人たちと過ごすことになるわけですが、

あなたはこんなにも長い時間を、「大嫌いな人たち」と一緒に過ごしたいですか?

できれば信頼できる仲間、尊敬できる上司、かわいい後輩にかこまれながら、やりがいのある仕事に取り組みたいですよね。

20代〜30代はキャリア形成の上でもっとも重要な時期です

特に、20代〜30代前半はあなたのキャリアの基礎を築く上でとても重要な時期です。

20代〜30代前半の時期に、

  • 「自分の仕事はこれ。しんどいこともあるけどやりがいもある。成長している実感もある」
  • 「この職場と職場の仲間が好きだ。上司はきびしいけれど同時に尊敬できる。お客さんとのやりとりも勉強になることが多い」

と思えるような環境で過ごしてきた人と、

  • 「こんな仕事はいやいややっているに過ぎない。さっさと定時で終わって家帰ってゲームしてえ」
  • 「職場の連中は嫌な奴ばっかりだ。上司はクソだし部下や同僚は自分の地位をおびやかす邪魔な存在でしかない」

と考えながら仕事をしてきた人とでは、ものすごく大きな差が生まれてしまうことはなんとなくイメージできるでしょう。

実際、ビジネスの第一線で働くようになる30代後半では、同年代の人たちとのキャリアに大きな差が如実につきはじめます。

  • まわりはもう課長になっているのに、自分だけはいつまでたってもヒラ社員…。
  • 同期入社のあいつは結婚して子供2人、マイホームも手に入れて順調なのに、自分はモテない一人暮らし…。

↑こんな状況は絶対に避けたいですよね。

もし今のあなたが、人に誇れるような仕事ができていない、一緒に働いている人たちがまったく好きになれない…

というような環境で働いているなら、できるだけ早いタイミングで転職活動を始めてみることをおすすめします。

↓なぜかというと、次の項目で見るように転職活動には実質的な「時間制限」があるからです。

あなたがいま26歳以下ならラッキーです

あなたは今何歳でしょうか。

もしあなたがまだ26歳以下ならラッキーです。どこの企業でも未経験から採用してくれる可能性があります。

どのような会社でも、「未経験からのキャリアチェンジでもOK」という条件で採用活動を行う際には、「26歳以下であること」を条件にしていることが多いからです。

この年齢なら第二新卒として転職活動をすることもできますから、新卒の時にはとても挑戦できなかった大手企業にも採用される可能性はありますよ。

一方で、すでに27歳以上の方は「黄色信号」が灯っていることを理解してください(今すぐ始めれば大丈夫ですが)

20代でもこの年齢を過ぎてしまうと、未経験からのキャリアチェンジというのは非常に苦しくなります。

まして30代になると、1つの実務領域での経験が求められるようになりますから、未経験職種への転職はかなり厳しいでしょう。

転職のために行動を起こすのは、早ければ早いほど有利であることをぜひ知っておいてください。

おすすめの転職サイトはこちら

まずは、転職サイトに登録して「世の中にはどんな仕事があって、みんなどのぐらいの年収で働いているのか」の情報収集から始めてみましょう。

転職サイトは無料で利用できますし、変な勧誘の連絡が来るようなこともありません。

(求人紹介のメールなどは届きますので、情報ストック用に専用のメールアドレスを1個作っておくと良いでしょう)

↓優良な求人が多く登録されているおすすめの転職サイトはこちらです。

【リクルートエージェント】

Pocket