ブラック企業の逸話とエピソード:問題は残業?洗脳?体験談を紹介!

150時間残業とか、パワハラとか、よくメディアで報道されることもあってか、ブラック企業って意外と多いんだなと感じませんか?

もしかしたらあなた自身がそういったブラック企業で働いているかもしれませんね。

でも、本当のブラック企業の中ではもっと別の異常な事態が起こっているんです。

ここでは、メディアでは報道されないような一般人が知らないブラック企業の逸話についてご紹介します。

[ad#co-1]

ブラック企業の逸話

ブラック企業 逸話

ブラック企業のニュースを見たときに、こんな風に思ったことはないでしょうか?

ブラック企業関連のニュースを見た人に良くある反応

  • どうして転職しないんだろう
  • どうして過労死するまで頑張っちゃったんだろう
  • 過労死したり自殺したりするくらいなら辞めれば良かったのに…

どれももっともな疑問なように思います。

しかし、実際のブラック企業の職場では、メディアでは報道されないような内情があるのです。

もっとも重要な点は、ブラック企業の中では、本人達が気付かないうちに洗脳が行われているという点です。

この洗脳は、テレビで芸能人が占い師に洗脳されたというような特殊なケースとは違います。

本当のブラック企業は「日常の全てが洗脳」なのです。

[ad#co-af1]

ブラック企業で365日繰り返される洗脳手法

企業の規模は2000人以上で、全国・海外に10拠点以上の拠点を持つ大企業で実際に行われていた洗脳の実態をご紹介します。

もちろん、この会社は、残業は100時間以上があたり前、残業代未払い、賞与無し、毎月退職者が全体で数十人以上いるような会社です。

①数千人が行う全体洗脳朝礼

毎朝、始業の30分前に社員全員がフロアの中央に集合させられ、朝礼が行われます。

各拠点全てテレビ会議でつなぎ、社長の顔がドアップで画面にうつって、ありがたい社長の話が10分以上続きます。

そして、全員に渡されている社員手帳を全員が手に持ち、会社の経営方針や理念を大声で読まされます(声を出していない人は見つかるとつるし上げられます)。

そして、その中には、「我々は、全員、家族と同等の絆で結ばれた仲間である。困った時はお互い…」というように、「家族」とか「絆」とか「同士」のような言葉がやたらと出てくる社内方針を毎朝読んで、全員で合唱します。

[ad#co-1]

②洗脳朝礼後に更に洗脳社内朝礼

30分の全体朝礼の後に、さらに10分以上社内朝礼が続きます。

そして、ここでもまた、「我々は、全員、家族と同等の絆で結ばれた仲間である。困った時はお互い…」のような社内方針の文章を全員が大声で合唱します。

③数千人に毎週送信される洗脳メール

「我々は、全員、家族と同等の絆で結ばれた仲間である。困った時はお互い…」というようなメールが、毎週、全員のパソコンとケータイに届きます。しかも、社長の顔写真付きです。

④数千人に毎月社内広報誌が配られる

社内広報誌にも必ず、お決まりの文言が入っています。

そして、その社内広報誌が配られた翌日は、その社内広報誌のお決まりの文言が書いてあるページを開きながら、朝礼に参加し合唱をされることが義務付けられています。

[ad#co-1]

毎日洗脳され続けた社員達はどうなるか?

あたり前ですが、社員達はいたって普通の人達なので、毎日始業前から30~40分も立ちっぱなしで朝礼に参加するということ自体が苦行で仕方ありません。

ですが、これを毎日毎日繰り返していると、徐々に感覚が麻痺してあたり前になってきます。
そして、妙な一体感や連帯感が生まれ始めます。

例えるなら「うちの会社って本当ありえないよね、超ブラックだよね(笑)」と笑いながらみんなで不遇を分かち合い、それでも協力して頑張ろうというような雰囲気です。

その雰囲気は、辞めたいとか、辛いとか、そんなことが簡単に言えるような雰囲気では全くありません。

そのため、冷静な判断が出来なくなり、引き際が分からなくなります。

そして、ある日急に倒れて出社しなくなる人や、心不全で亡くなる人、精神を病んで出社しなくなる人、というのがたくさんいました。

[ad#co-1]

まとめ:洗脳されていることに気付くことが大事

人間は、平常な状況下であれば死ぬまでは頑張ることは出来ません。

死ぬくらいなら辞めれば良いだけです。

ですが、毎日毎日行われる洗脳が、環境から離れたり逃げ出したりする判断を鈍らせ、おかしくしていくのです。

そして、洗脳されている側は、洗脳されているということに気付きません。

身体や精神のバランスを崩す前に、周りの人が、おかしいということを指摘してあげることが一番大事と言えるでしょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする