ブラック企業を3か月で退職する方へ!転職面接のエピソードの伝え方

求人情報を見たらよさそうな会社だと思って入社してみたら、実はブラック企業だった…ということは決して珍しいケースではありません。

この記事を読んでいる方の中には「とりあえず3か月ぐらいは頑張ってみよう」と努力されたまじめな方も多いことでしょう。

しかし、結論から言うと、ブラック企業に就職してしまった場合、取るべき行動は「耐えながら働く」ということではありません。

この記事では、「ブラック企業に入社して3か月程度経ったけれど、今後どうすべきか迷っている」という方向けに、今後の対応方法について解説します。

[ad#co-1]

ブラック企業なら3ヶ月で退職しても転職への影響は少ない

ブラック企業 3か月

3ヶ月という短い期間で退職したら経歴に傷がついてしまうとか、根性が無い人間だと思われてしまうとか、いろいろ心配になってしまってなかなか退職する決心がつかない、ということもあるかもしれません。

しかし、ブラック企業なら3ヶ月で退職しても転職に影響することはあまりありません。以下で具体的に確認していきましょう。

3ヶ月で退職した理由を明確に主張することが大事

転職活動の面接では、離職までの期間が短いことを指摘される場合があります。

しかし、「こういう状況の職場だったので、早く見切りをつけて転職活動をしている」ということを明確に主張すれば、面接官も悪い印象は受けません。

面接官自身も企業の人事部で働くサラリーマンですから、具体的な職場環境の説明をすればどのぐらいのブラック度合いなのか?は判断することが可能だからです。

場合によっては「よくそんなところに3か月もいたね」と同情されることもありますし、きちんと見切りを付けて行動しているということを評価する会社もあります。

[ad#co-af1]

面接時に想定される具体的な質問とその回答

以下では、ブラック企業を退職して次の職場の面接を受ける際に、想定される質問と回答の例を載せておきますので参考にして下さい。

質問例①「なぜ3ヶ月という短い期間で転職を決意したのですか?」

サービス残業が毎月100時間を超過していたことに加え、職場内での暴言が日常的に行われているのが直接の原因でした。

例えば、「~(どういう状況で暴言があったか、その暴言のセリフの内容や、残業時間の状況などについて具体的な状況を説明します)」

上司に対して改善を求めて相談を何度か試みましたが、「新人がえらそうなことをいうな」とかえってエスカレートする様子があり、とてもショックをうけました。

長期で働くことが難しいと考えたため、とても残念ではありましたが転職を決意することにいたしました。

質問例②「なぜその会社(ブラック企業のこと)を選んだのですか?」

入社前の面接の際には、平均残業時間は20時間程度で、繁忙期でも45時間前後の残業だと聞いておりました。

残業代も支給されると聞いておりましたが、入社してみると残業は100時間を超えている人がたくさんおり、かつ深夜の残業時間を記録として付けることが出来ない圧力があったため、結果としてサービス残業を強いられました。

[ad#co-1]

面接官とのやり取りのポイント

こういった面接官とのやり取りの際に重要なことは、「それは退職するのが正解だ」とか「そんな会社で長く働くのは無理だな」と思わせることです。

面接官とのやり取りのポイントをいくつか解説しましょう。

面接では「何がブラックだったのか」を数字もまじえて伝えること

企業をブラックと判断するかどうかは人それぞれ認識が異なります。

残業が100時間あるということがブラックだと考える人もいれば、100時間残業があっても経験が積めてお金さえそれなりにもらえていればブラックではないと考える人もいるでしょう。

それは、面接官も同じです。

面接官がどのような状況をブラックな職場と判断するかは人それぞれですが、少なくともその判断をするための判断材料は提供してあげなくてはなりません。

そのため、ただ何となく「残業がとても多かった」というだけではなく、「残業は毎月平均で~時間ありました」と伝えましょう。

また、「上司の暴言がひどかった」というだけではなくて、「こういう状況で、こういう報告をしたところ、このようなセリフで叱責を受けた」というように具体的な状況を描写することが大切です。

ブラック企業だったことを明確かつ生々しくアピールすることを意識してみてください。

[ad#co-1]

ブラック企業だったことを明確かつ生々しくアピールするとは?

例えば、「パワハラをするような上司が大勢いた」ということをブラックだったということで主張したい場合を考えましょう。

以下の2つの解答の仕方が想定できるとしたら、AではなくBのような回答をするべきです。

A:パワハラをする上司が部署の中に大勢いて、退職する人も多かったです。とても落ち着いて長く働ける会社では無いと判断したため退職しました。

B:お客さんと電話していても、電話の声が聞こえないほどの大声で一日に何度も部下を怒鳴り散らす上司が大勢いました。その職場では、そのことが苦痛で退職する従業員が多く、私が在籍した3カ月でも2人の人が退職していきました。

とても落ち着いて長く働ける会社では無いと判断したため退職しました。

[ad#co-1]

この場合、Aの回答だと、まずどういったパワハラだったのかがあまり伝わりませんし、パワハラが原因で退職者が多いのかも分かりません。

一方、Bの回答であれば、パワハラの程度や頻度や影響が明確かつ生々しく伝えられるため、より面接官に理解してもらえます。

「ブラック企業でなければ長期で働ける」ということをアピールする

ブラック企業で働く以前に数年以上働いた経歴がある人はその経歴をアピールしましょう。

また、そういった経歴が無い人は意欲や熱意をアピールすることが重要です。

面接の際に面接官から「嫌なことがあるとすぐに退職してしまう人」だと思われてしまうとNGですので、長期で働ける人材であることをアピールしなくてはなりません。

[ad#co-1]

まとめ

今回は、ブラック企業を3か月~1年ほどの短期間で退職しようと考えている方向けに、次の職場にどのように説明すべきか?について解説しました。

ブラック企業は少しでも早く退職して次の職場に移るべきですが、そのためには転職というハードルを越えなくてはなりません。

本文で説明した面接での受け答えを参考に、面接の準備はしっかりと行うようにしてください。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする