協調性がある人の特徴や具体例:就活の履歴書で長所にする場合の例文あり

「協調性がある」という評価は、日本人として生きていくうえでもっとも重要な特性といえます。

日本では、就活~クラブ活動での評価まで、協調性がある人は組織の中で重要なポジションを任せられる傾向があるからです。

この記事では、「協調性がある」と評価される人はどういう人なのか(どういう特徴や共通点がある人なのか)について説明します。

就活や転職活動で協調性があることをアピールするためには、履歴書でどういうことを書いたらよいのかについても例文付きで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

協調性がある人ってひと言でいうとどんな人?

協調性がある

協調性がある人とは、一言でいうと「人へのサポートが上手い人」です。

あなたの身近にも忙しい時や困ってる時に手伝ってくれる人はいないでしょうか。

彼らは常に人を気にかけて手助けしているので、協調性のある人という評価を得ているのです。

以下では、協調性があるという割れる人の特徴について、さらに具体的に見ていきましょう。

協調性がある人の4つの特徴・共通点

協調性がある

協調性に優れている人には、次のような特徴や共通点があります。

協調性がある人の特徴

  • ①自分の感情のコントロールができる
  • ②自分の意見を持っているが相手を否定しない
  • ③相手を変えようとしない
  • ④信用できる人である

以下ではそれぞれの項目についてくわしく見ていきましょう。

[ad#co-1]

①自分の感情のコントロールができる:常に穏やかで笑顔

協調性がある人は、自分の感情をコントロールできる人です。

感情のコントロールができる人は、まわりの人に対して威圧感を与えることがないため、「一緒に仕事や活動をしやすい」という印象を与えることができます。

また、感情のコントロールができる人は相手の立場で自分の立ちいふるまいを考えることができますから、相手がコミュニケーションをとりやすいように常に穏やかで笑顔です。

このように、相手目線で考えることができ、感情のコントロールができる人は「協調性がある」と評価され、その人のまわりには重要な情報や重要な人物が集まってくるのです。

自分の感情のコントロールが上手く出来ている人は、周りに対して威圧感を与えません。

威圧感は人を委縮させ口を封じてしまうので、情報の伝達が滞ってしまいます。

人間関係に大きく影響する要素の一つ、円滑な情報の伝達は非常に重要になっています。

②自分の意見を持っているが相手を否定しない

協調性がある

協調性のある人は、人から話を聞く時、まず全てを聞いて相手の主張を一度受け入れます。

人は誰しも自分の話を聞いてくれる人間に対して好感を持つものです。

一度受け入れる姿勢を見せることで相手は「この人は自分の話を聞いてくれる人だ」と安心感を覚えます。

安心感を与える人の意見というのは取り入れられやすく、「そういう意見もあるんだね。私はこう思う」と伝えても「否定をされた」とは感じられにくい傾向があります。

「でも」や「いや、それは」という言葉は相手を”強く”否定する言葉なのであまり使いません。

[ad#co-1]

③相手を変えようとしない

協調性のある人は、無理に相手の感情や主張を変えようとしません。

人は一人一人考え方も価値観も違います。

本来は相容れない人たちが同じ場所に居れるのは、互いが互いに不干渉だったり譲り合っているからです。

誰しもがそれを感覚的に理解しているので、この不文律を破る場合は人間関係に不和が生じてしまうのは当たり前です。

④信用できる人である

協調性のある人は、人間として信用できる人です。

具体的に言うと、人から聞いた話を他に漏らすことがありません。

自身が話した内容を他の人たちが知っていたらあなたはどう思うでしょうか?

嫌な気持ちになり、その人のことも周りのことも信用できなくなってしまいますね。

協調性のある人はこういった点で信用を得ているため、重要な人や重要な情報がまわりから集まってくるのです。

[ad#co-af1]

履歴書で「協調性があること」を長所としてアピールしたい場合の書き方

協調性がある

ここまで説明した「協調性がある人」の特徴や共通点をもとに、実際に履歴書や面接で「自分は協調性のある人間です」ということを長所としてアピールしたい場合の書き方について考えましょう。

履歴書では「過去にこういう実績を残しました」「こういう経験をしている自分には、こういう長所があります」ということを書くのがポイントです。

以下では、実際の履歴書で使える具体的な例文を紹介しますので、参考にしてみてください。

[ad#co-1]

具体的なエピソードの例文

前職では同僚たちが働きやすいよう環境を整えることを心がけてきました。相手が求めていることをコミュニケーションを通じて知り、仕事が滞りなく進められるようそれぞれに合ったサポートをすることでお互いに協力し合える環境作りに尽力しました。

貴社でも貢献できるよう、努めていきます。

[ad#co-1]

採用担当者はどういうところを見ている?

採用担当者はあなたが職場にいた結果、どんな風になるかを考えます。

そのため、あなたが人に対する気配りができる人間であるということを表す、具体的なエピソードを書くことが大事です。

単に「私は協調性があります」と主張するだけでは本当にそうなのかは誰にも分かりませんよね。

あなたがこれまでの人生で経験した、「協調性を発揮して解決した」といえる問題について、具体的にエピソードを紹介することを意識してみてください。

協調性に関して、面接ではどのようなことが質問される?

主に「人と上手く付き合えますか?」や、もし転職などで面接に来た場合は「前の職場での人間関係」などを聞かれたりします。

この場合の多くは「人ときちんと話をして折り合いをつけられるかどうか」が本質になります。

採用担当者はあなたがきちんと相手と話をしてくれる人間かどうかを見極めようとしているので、相手の話をよく聞き自分なりの言葉で答えましょう。

[ad#co-1]

まとめ

協調性がある

今回は協調性のある人の特徴や、それを仕事に生かす場合の解説をしました。

本文でも説明した通り、協調性を育てるためには「人の話をよく聞き、相手を否定しない」というのが重要になっています。

相手と会話ができるということはそれだけで相手が何を求めているのか、サポートをするべきなのかと判断がしやすくなります。

「あの人は何を考えてるか分からない」と不安にさせてしまう人は会話不足であることが非常に多く、周りから人が離れていってしまいます。

円滑な人間関係や、自身の居心地の良い場所を作るためにも必要不可欠である協調性というのは誰しも元から持っているものではありません。

今、自身が協調性に欠ける、あるいは伸ばしていきたいと感じるのならば今からでも遅くはありません。

人への対応、気遣いというのは年月を重ねて培っていくものですので、ぜひ参考にしてみてください。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする