Pocket

大好きなことで楽しく働こう!自己実現の時代だ!…などなど、最近は好きなことを仕事にすることをおすすめするネット記事やビジネス書をたくさん見かけますよね。

もちろん、自分が大好きなことを仕事にすれば高いパフォーマンスとモチベーションで働くことができるでしょうが、一方で始める前に知っておくべきリスクやデメリットがあるのも確かです。

この記事では、実際に自分が大好きなこと・人生で達成したいことを仕事にしている私が、「好きなことを仕事にすることのメリットとデメリット」について説明します。

実体験に基づいて正直な体験談を書きますので、これから新しい仕事を始めようと考えている方の参考になると思います。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

好きなことを仕事にするメリット

好きなこと 仕事

まずは好きなことを仕事にする具体的なメリットを見ていきましょう。

好きなことを仕事にすることのメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

好きなことを仕事にするメリット

  • ①わくわくしながら仕事ができる!
  • ②24時間365日!やりがいを感じながら仕事に取り組める
  • ③好きなことならどんなつらい壁でも乗り越えられる

以下でそれぞれの項目についてくわしく説明します。

①わくわくしながら仕事ができる!

好きなこと 仕事

9時間の固定労働に2~3時間の残業、通勤に往復2時間かかると仮定すると半日以上の時間を「仕事」というタスクで消費していることになります。

そんな時間をやりたくない仕事で過ごすのはなかなか苦痛ですが、好きなことが仕事だった場合はどうでしょうか?

きっと時間が経つのも忘れて仕事に夢中になりますよね。

ましてや好きなことをしているので「ああ、仕事したくないなぁ」なんて思うこともほとんどありません。

②24時間365日!やりがいを感じながら仕事に取り組める

好きなこと 仕事

上司に「やりがいをもって仕事しろ!」なんて叱咤される場面があります。

しかし嫌な仕事でやりがいを感じるなんて到底無理な話です。

続けていくうちに責任や目標が見つかり、やりがいを感じられることはあるかもしれませんが、好きなことを仕事にした場合と比較するとやはり段違いです。

好きなことだからこそやりがいを感じられるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

③好きなことならどんなつらい壁でも乗り越えられる

どんな仕事でも人間である以上は辛い壁に当たることがあります。

嫌いな仕事で壁に当たると、とんでもないストレスを抱えることになりますよね。

しかし好きな仕事であれば「自分を成長させるための壁だ」と感じることができるので、幾分か壁を越えやすいと私は感じました。

好きなことを仕事にするデメリット:辛い?後悔することもある?

好きなこと 仕事

多かれ少なかれ、メリットがある以上はデメリットもあります。

「好きな仕事なのにデメリットなんてあるの?」そう思う方もいるとは思いますが、これはまぎれもない事実ですね。

実際に私が好きなことを仕事にしてみて感じているデメリットとしては次のようなことがあります。

好きなことを仕事にするデメリット(実体験)

  • ①理想と現実が必ずしも同じとは限らない
  • ②お金・労働時間…など、仕事以外の面で満足できない可能性がある
  • ③時には大好きだったことが嫌いになる瞬間も…

①理想と現実が必ずしも同じとは限らない

好きなことを仕事にしてみたと仮定しましょう。

ほとんどの人は理想と現実の差に落胆してしまいます。

私も今まで数々の後輩が退職していくのを見てきましたが、その理由は「想像していた仕事とは違った」というものが大半を占めていました。

何もかもが上手くいくのは想像の世界だけです。

特に若い人は社会人としての経験も浅く、メリットばかりを考えてしまう傾向にあるようですね。

②お金・労働時間…など、仕事以外の面で満足できない可能性がある

好きなこと 仕事

好きなことを仕事にするところまでは良いですが、給与・労働時間・休暇において全てが満足のいく結果になることは非常に難しいです。

どんなに大好きな仕事でも、給与が低く家族を養うことが困難だったり、労働時間が長すぎて過労で倒れてしまっては元も子もないですよね。

それによって不満やストレスが溜まるようでは、好きな仕事に就く意味がなくなってしまいます。

③時には大好きだったことが嫌いになる瞬間も…

今後10年、20年…と、延々とモチベーションを保ち続けたり、好きな仕事が好きなままでいられるという保証はどこにもありません。

時には仕事に飽きたり壁を越えることができずに嫌いになってしまうこともあります。

私もそのひとりでしたが、実力主義の仕事に就くと周囲との力の差を感じることが多く、好きな仕事が嫌いになる可能性が非常に高いと感じました。

好きなことを仕事する前に必要な準備と心構え

好きなこと 仕事

実際に仕事に就いてから後悔する人が多いという話をしてきました。

ですが、好きなことを仕事にして後悔せずに成功している人も少なくありません。

では、後悔する人としない人の差はいったい何なのでしょうか?

その違いは次のことを理解しているかどうかによって変わります。

①将来のビジョンと向き合う

好きなことを仕事にしている自分の姿を想像してみましょう。

「かっこいい」「楽しそう」だけでは仕事としてなり立ちませんし、それだけの理由で仕事にしたいと思っているのであればそれは趣味で十分です。

現実的な部分までしっかりと想像してみると、仕事にしたときのリスクが見えてきます。

理想と現実のギャップの差を埋めることによって後悔することは少なくなると言えるでしょう。

②途中で逃げ出さない覚悟を持つ

好きなこと 仕事

どんなに辛いことがあっても「好きなことだから頑張れる」という覚悟をもって臨みましょう。

仕事にする以上は逃げ出したくなるような場面と必ず遭遇します。

もちろんその場から逃げることは可能ですが、そんな生半可な覚悟で仕事に臨むのであれば嫌いな仕事をしているのと変わりませんよね。

③辛くなってしまった時に取るべき行動

逃げ出すまではいかなくてもやはり辛くなる時はあります。

そんなときは「好きなことを仕事にしたかった自分」を思い出してみましょう。

初心に返ることで改めて仕事に対するやりがいを感じたり、目標を再確認することができてモチベーションのUPにも繋がります。

少し仕事から離れてリフレッシュすることも効果的です。

まとめ

好きなこと 仕事

今回は、好きなことを仕事にした場合のメリットやデメリットについて解説しました。

本文でも紹介しましたが、理想と現実のギャップを乗り越えられるかどうかが重要な壁だと私は思います。

就職や転職をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「今すぐは転職する気は無い人」も転職サイトに登録しておいた方がいい理由

この記事をお読みの方は、

「なんとなく不満を感じているけど、今すぐ転職しようとまでは思っていない」という人が多いでしょう。

しかし、そんな方も転職サイトに登録するという作業だけは今の段階でやっておくことをおすすめします。

なぜかというと、仕事の疲労やストレスが限界を超えると、「転職サイトに登録する」という作業すらつらくてできなくなってしまうからです。

(ほんとかよ?と思われるかもしれませんが本当です)

私自身経験がありますが、仕事でつらいことが続いた時の精神状態というのは普通じゃありません。

正直にいって、通勤電車をホームで待っているときに、

「このまま線路に飛び込んでしまえば、もう会社にいかなくてもいいんだよな…」

なんてことをふと思ってしまったことは1回や2回ではありませんでした。

常識的に考えれば、自ら命を絶ってしまいたくなるほど辛い仕事なら、別の会社に転職してしまえばいいことですよね。

しかし、精神的に追い詰められている時には、こんな簡単なことですら正常な判断ができなくなってしまいます。

「転職活動なんてやっても無駄だろ…自分の人生なんて一生こんな感じだし」という気持ちになってしまうのです。

(きっとあなたも、同じような気持ちになったことが1回はあるでしょう)

「いざとなったら転職すればいい」という選択肢を持っておくことが大切

もし、あなたが今の仕事をつらいと感じているなら、「情報収集のために転職サイトに登録しておく」という作業だけでもやっておいてください。

転職サイトに登録しておけば、さまざまな求人情報があなたのメールアドレスに届くようになります。

あなたに対して「ぜひうちで働いて欲しい」と思っている会社が世の中にはたくさんあることを知ってください。

そうすれば、「今の会社がどうしてもしんどくなったら、最悪の場合は転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

精神的に限界を超えたときに、「転職」という事前の策を選択できる状態にしておくことが大切なのです。

今すぐ転職するつもりがない人も、転職サイトに登録して日頃から情報収集をしておきましょう。

転職サイトを使えば、あなたと同じぐらいの年齢、同じぐらいのキャリアの人たちがどういう働き方をしていて、いくらぐらいの年収を稼いでいるのか?といった情報も知ることができます。

それだけでも気持ちが楽になる部分があるはずです。

↓※おすすめの転職サイトはこちら。3分あれば無料で登録できます。

【リクルートエージェント】

30年以上も続く仕事生活を「大嫌いな人たち」と過ごしたいですか?

この記事を読まれている人は、比較的若い20代〜30代の方が多いですよね。

(この記事を書いている私も30代です)

私たちが老後を迎えるころには、サラリーマンの定年は65歳〜70歳になっているでしょう。

そうすると、私やあなたの仕事人生は今から30年〜40年以上も続いていくことになりますね。

いわば人生のほとんどを職場の人たちと過ごすことになるわけですが、

あなたはこんなにも長い時間を、「大嫌いな人たち」と一緒に過ごしたいですか?

できれば信頼できる仲間、尊敬できる上司、かわいい後輩にかこまれながら、やりがいのある仕事に取り組みたいですよね。

20代〜30代はキャリア形成の上でもっとも重要な時期です

特に、20代〜30代前半はあなたのキャリアの基礎を築く上でとても重要な時期です。

20代〜30代前半の時期に、

  • 「自分の仕事はこれ。しんどいこともあるけどやりがいもある。成長している実感もある」
  • 「この職場と職場の仲間が好きだ。上司はきびしいけれど同時に尊敬できる。お客さんとのやりとりも勉強になることが多い」

と思えるような環境で過ごしてきた人と、

  • 「こんな仕事はいやいややっているに過ぎない。さっさと定時で終わって家帰ってゲームしてえ」
  • 「職場の連中は嫌な奴ばっかりだ。上司はクソだし部下や同僚は自分の地位をおびやかす邪魔な存在でしかない」

と考えながら仕事をしてきた人とでは、ものすごく大きな差が生まれてしまうことはなんとなくイメージできるでしょう。

実際、ビジネスの第一線で働くようになる30代後半では、同年代の人たちとのキャリアに大きな差が如実につきはじめます。

  • まわりはもう課長になっているのに、自分だけはいつまでたってもヒラ社員…。
  • 同期入社のあいつは結婚して子供2人、マイホームも手に入れて順調なのに、自分はモテない一人暮らし…。

↑こんな状況は絶対に避けたいですよね。

もし今のあなたが、人に誇れるような仕事ができていない、一緒に働いている人たちがまったく好きになれない…

というような環境で働いているなら、できるだけ早いタイミングで転職活動を始めてみることをおすすめします。

↓なぜかというと、次の項目で見るように転職活動には実質的な「時間制限」があるからです。

あなたがいま26歳以下ならラッキーです

あなたは今何歳でしょうか。

もしあなたがまだ26歳以下ならラッキーです。どこの企業でも未経験から採用してくれる可能性があります。

どのような会社でも、「未経験からのキャリアチェンジでもOK」という条件で採用活動を行う際には、「26歳以下であること」を条件にしていることが多いからです。

この年齢なら第二新卒として転職活動をすることもできますから、新卒の時にはとても挑戦できなかった大手企業にも採用される可能性はありますよ。

一方で、すでに27歳以上の方は「黄色信号」が灯っていることを理解してください(今すぐ始めれば大丈夫ですが)

20代でもこの年齢を過ぎてしまうと、未経験からのキャリアチェンジというのは非常に苦しくなります。

まして30代になると、1つの実務領域での経験が求められるようになりますから、未経験職種への転職はかなり厳しいでしょう。

転職のために行動を起こすのは、早ければ早いほど有利であることをぜひ知っておいてください。

おすすめの転職サイトはこちら

まずは、転職サイトに登録して「世の中にはどんな仕事があって、みんなどのぐらいの年収で働いているのか」の情報収集から始めてみましょう。

転職サイトは無料で利用できますし、変な勧誘の連絡が来るようなこともありません。

(求人紹介のメールなどは届きますので、情報ストック用に専用のメールアドレスを1個作っておくと良いでしょう)

↓優良な求人が多く登録されているおすすめの転職サイトはこちらです。

【リクルートエージェント】

Pocket