Pocket

新しい会社への所属が決まると、必ずと言っていいほど「歓迎会」が行われますよね。

歓迎会の場は、新入社員としては先輩や上司に顔を覚えてもらったり、いち早く職場に馴染むためのコミュニケーションの場として非常に重要な場です。

しかし、新入社員だけでなく、歓迎する側の社員にも「歓迎会に行きたくない」と感じる人って実はすごく多いんですよね(かくいう私も、20代のころはこういう飲み会には行きたくない人のひとりでした笑)

今回は、「歓迎会などの飲み会が苦手」「お酒の場が苦手」という方たちのために、上手な対処法とどうしても行きたくない場合の断り方を解説しますので、参考にしてみてください。

歓迎会に行きたくない…という方へ!これなら飲み会苦手でもできる対処法

歓迎会 行きたくない

歓迎会に行きたくない…、でも基本的にはいかざるを得ないというのが現実ですよね。

どうしてもいやな場合に断る方法についてはこちら

そこで、行きたくない理由別に、なんとか楽しく・あなたの職場での評価を下げずに乗り切るための対処法を紹介します。

会社の歓迎会に行きたくない…。よくある理由

  • ①飲み会でのコミュニケーションが苦手
  • ②大騒ぎするのが嫌い
  • ③お酒が飲めない
  • ④二次会のカラオケが苦手
  • ⑤年齢差のある人とうちとけられない
  • ⑥幹事をやるのが苦手

①飲み会でのコミュニケーションが苦手:情報収集の場として割り切ろう!

歓迎会 行きたくない

飲み会の場でまわりの人と上手にコミュニケーションをうまく取れないことが理由で歓迎会が苦手…という方は多いと思います。

こういう方におすすめなのが、「歓迎会の場=職場の情報収集の場」と割り切ってしまうことです。

情報収集といっても、そんなに固く考える必要はありません。

社内でのいろんなウワサを聞かせてもらえばいいのです(ある程度長く職場にいる人であれば、誰しも1つぐらい「人にちょっと話したいウワサ話」はあるものです)

「ウワサを聞いてまわる」というと、なんだかイメージが悪化かもしれませんが、あなたは聞き役になればいいだけですから、罪悪感を持つ必要はまったくありません。

もちろん、すべての話をきまじめに聞いているだけでは疲れてしまいますから、あなたも適度にリラックスしてOKです。

(メインで話をするのはあなたではなく相手ですから、そんなに疲れません)

新入社員であれば顔を覚えてもらうだけでなく、「やる気のある新人だな」と一目置かれてまさに一石二鳥!ですよ。

②大騒ぎするのが嫌い:だまっていてもニコニコしていればOKです!

歓迎会 行きたくない

飲み会の場ではまわりにまじって大騒ぎしないといけないのがしんどい…と感じている方も多いでしょう。

お酒を飲んだときに気が大きくなってしまうタイプの人は少なくありませんから、そういう人についていくのがつらいというケースは少なくないですよね(一緒になって騒がないとノリが悪いといわれそう…と心配)

しかし、結論から言うと、そういうタイプの人と一緒になって騒いであげる必要はまったくありません(本人も望んでいません)

騒ぎたい人は基本的に「自分が騒ぎたい」というタイプの人がほとんどですから、あなたは相手の気分を害さないようにだけ注意しておけばよいのです。

(ああアホだなあ…と思いながらニコニコとながめておいてあげればOK。人間そういうアホな部分が1個か2個ぐらいあるぐらいの方が愛嬌があるものなのです)

一緒に騒がないといけない!と思い込んでしまうと一気にしんどくなりますので、飲み会で騒ぎたい人がいても、相手が気分よく騒げるようにニコニコしておいてあげるだけでOKと理解しておきましょう(これで精神的にずいぶん楽になりますよ)

③お酒が飲めない:大丈夫!相手は「あなたがギブアップする姿」が見たいだけです

歓迎会 行きたくない

最近ではアルハラやパワハラといったことが非常にうるさくいわれるようになっていますから、お酒を強要してくるような人はずいぶん少なくなってきました。

とはいえ古い体質の企業では「俺の酒が飲めないのか」なんて怒り出すイタイ管理職がいたりするのも現実です(お酒が入ると自制心を失ってしまう人は少なくありません)

ですが、こういう人を乗り切るのも、考え方をちょっと変えれば非常に簡単なのです。

というのも、こういう人たちは「相手をギブアップさせたい」という気持ちが強いだけだからです(心理的には「俺はこんなに酒が強い」というのを相手との比較であなたや周囲に見せつけたい)

なので対処法はかんたん。早めにあなたがギブアップする姿を見せてあげればいいのです。

具体的には、「すみません。私(僕)ものすごくお酒弱いんです…」と早めに切り上げてしまいましょう。

お酒が強い、弱いなんて仕事の能力にはなんの影響もありませんから、無理して張り合う必要なんてまったくありませんよ。

④二次会のカラオケが苦手:この2つの対策で乗り切りましょう!

歓迎会 行きたくない

飲み会そのものは好きでも、音痴なのでそのあとにいくカラオケが苦手…という方も少なくないでしょう。

社会人のカラオケでは、どんなに苦手でも1曲は歌うというのがマナーですね。

自分の歓迎会である場合などには誘われたのを断るの非常に難しいというのが現実ですので、参加することは大前提で対策を考えましょう。

カラオケが苦手な人(音痴な人)が、その場を上手に乗り越えるための対策は2つあります。

音痴であることをむしろアピールする

1つ目は、むしろ音痴であることをアピールする方法です。

↓めちゃくちゃ音痴でも、それを気にせず楽しそうに歌う姿というのはとてもほほえましいものです。

自分でもどうしようもない…というぐらい音痴である自覚のある方は、こちらの方法を選びましょう。

恥ずかしがりながら音痴な人が歌う姿ほど痛々しいものはありませんので、恥は完全に捨て去るのがポイントです(1曲3分程度のことです)

ここでも歌のうまい、下手は仕事のできるできないに全く影響はありませんので、音痴は気にせず歌いましょう(むしろ、こういうときに恥を捨てられるかどうかが評価されたりする)

1曲にしぼって練習しておく

1曲は歌わないといけないのですから、「この1曲だけは歌える」という曲を持っておくのもおすすめです。

↓歌が下手な人でも歌いやすい曲としては以下のようなものがありますよ。

>>ジョイサウンド公式「歌いやすいカラオケソング特集」

この中から1曲だけを選んで、事前に1人カラオケで練習しておいてください。

「歓迎会のために時間をさいて練習するなんて…」と思われる方もいるかもしれませんが、これも仕事と割り切ってください(そういう感じで練習しに来ている人はほかにもたくさんいます)

事前に練習しておくだけでも当日の緊張ぐあいはまったく違いますよ。

上手に歌う必要はありませんので、「何とか最後まで聞けるレベル」を目指して練習しましょう。

⑤年齢差のある人とうちとけられない:飲み会の場では年齢差は基本的に無視してOKです(ですますで話すだけ)

歓迎会 行きたくない

歓迎会などの飲み会が苦手な理由として、年齢の離れた上司や先輩とのコミュニケーションに緊張する…ということをあげる方も少なくないでしょう。

年齢差が理由で相手と打ち解けられない人は、ほとんどのケースで「長く生きている人間」というものを過大に評価してしまっています。

次で説明することを参考にしてみて下さい(年上の人とのコミュニケーションに感じるハードルがぐっと下がると思います)

「年齢」というものを過大に評価しない(年をとっていてもアホな人はアホです)

結論から言うと「人間は年を取るほど賢くなる」というのは幻想にすぎない、ということを理解してください。

年上の相手というのは無意識に「エライ人・賢い人」という先入観を持ってしまいがちですが、実際にはまったくそのようなことはありません。

どんなに年齢が上の人であっても、しょせん「早く生まれただけ」ですから、アホな人はアホですし、賢い人は賢いです(繰り返しになりますが、1つ2つアホなところがあるぐらいの方が人間は愛嬌があります)

年齢が能力に直結するわけではありませんし、社会人20年目、30年目の人でも、人生でいろんなことに悩んでいるのはあなたと全く同じです。

飲み会の場は「こんなにベテランの人でも、こんなことに悩んでいるんだ」ということを知る良い機会です。

年齢というものを過大に評価しすぎず、相手も同じように悩み多き人間なのだ、ということを意識してみてください。

⑥幹事をやるのが苦手:これだけは仕事と割り切ってやりきりましょう!

歓迎会 行きたくない

幹事が苦手だから飲み会や歓迎会はできれば参加したくない…という新人さんも少なくないでしょう。

ですが、歓迎会など職場の飲み会の幹事だけは率先してやるようにしてください。

というのも、スケジュール調整や会場と資金の管理、大勢の社員を仕切るリーダーシップのようなものを上司は多かれ少なかれ見ている可能性があるからです。

「この前の歓迎会の幹事、すごくがんばっていたね。君はこういう仕事が得意そうだから、今度のプロジェクトも取りまとめ役やってみてよ」なんてことも私の経験上ありましたので、幹事を任されたら「1つ仕事を任された」ぐらいの気持ちで取り組んでみてください。

実際、会社行事の1つである歓迎会というのは、同じ職場の職員どうしが親交を深めるための重要なイベントですから、「仕事の1つ」と考えてもまったく間違いではありません。

心配しないでも、飲み会の幹事は1回やればすぐに慣れるものですよ(仕事として考えれば、こんなに難易度の低い仕事はありません)

大人数で楽しめるお店を知らない…という人は、ぜひまわりの人に意見を求めてみてください。

職場の人はみんな1回ぐらいは自分でも幹事をやったことがあるものですから、きっとあなたにアドバイスをしてくれます。

自分が歓迎会の主役……。不在なのは問題?

歓迎会 行きたくない

結論から言うと、自分の歓迎会の欠席だけはダメです。

自分の歓迎会は、あなたの長い人生で考えてもそう何度もあるわけではありませんから、なんとか参加する方向で乗り切りましょう。

というのも、「せっかく歓迎会を開いたのに、欠席するような人」というレッテルを貼られてしまっては、その後の職場での評価にも大きなマイナスイメージを持たれてしまうからです。

社会人というのは嫌なことや辛いことがあっても簡単に逃げ出すことができないものですね。

なんどか触れていますが、歓迎会というのは「職場の人どうしが親交を深めるための会社行事」ですから、仕事の1つと割り切って参加するようにしてください。

どうしても職場の歓迎会に行きたくない場合は?

歓迎会 行きたくない

どうしても歓迎会に行きたくないという人は、事前に幹事さんに相談してみましょう。

相手も社会人なのでいろいろと気を使ってくれますし、柔軟な職場であれば別のかたちで歓迎しようと考えてくれるかもしれません。

会社の伝統行事なので避けることができない…という場合にも、あなたが飲み会の場が苦手であることが相手に伝われば、幹事さんや先輩はその場で何かと気をまわしてくれるものです。

ただし、苦手とはいっても職場での飲み会というものに一度苦手意識をもってしまうと、その後もつらい思いをしなくてはならないので注意してください。

理想的には「楽しくポジティブに乗り切ってしまうこと」ですが、どうしても飲み会や歓迎会の場が苦手な方は、事前に幹事を担当している人に相談してみることで突破口が見つかる可能性があります。

派遣先の歓迎会って必要?上手な付き合い方と断り方

派遣社員として働いている場合、自社と派遣先の会社の両方で歓迎会が行われることになります。

新年会や忘年会も例外ではないですが、それぞれの会社で出席することになるので苦手な人にとってはかなり苦痛ですよね。

そもそも派遣先の歓迎会って出席する必要があるのでしょうか?両方の意見を交えて上手な断り方も解説します。

同じ会社で働く仲間なので必要

派遣社員と言えど、周りにいるのは同じ職場で同じ目標に向かって頑張る仲間たちです。

そこに会社の壁を作っているようではこの先の仕事に支障が出ますし、信頼関係も生まれなくなってしまうでしょう。

しかし派遣というのは入れ替わりが激しいものなので、そこまで歓迎会を重視しない傾向にあります。

派遣社員だから必要無いと割り切る

あくまで雇用期間が過ぎれば終わりなので気にしないという人もいます。

所属する社員と違って、派遣社員は会費が自腹だったりすることも多く、それを理由に断る人も少なくありません。

どちらの意見も派遣だとそこまで気にかけない場合が多いようです。

どうしても出席したくない場合に取るべき行動

派遣社員というのは派遣会社が企業とのパイプ役を担っています。

そのため、派遣先の人たちに直接言い辛いことは派遣会社の営業を通して話をしてもらうとスムーズに進むことが多いので、まずは相談してみると良いでしょう。

まとめ

今回は歓迎会に行きたくない…という新社会人の方向けに、職場での評価を下げずに上手に乗り切る対処法について解説しました。

本文でもお伝えしましたが、歓迎会の場というのは貴重な情報が得られたり顔を覚えてもらえたりと、重要な仕事の一部であることを理解してください。

近いうちに新しい職場の歓迎会がひかえているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「今すぐは転職する気は無い人」も転職サイトに登録しておいた方がいい理由

この記事をお読みの方は、

「なんとなく不満を感じているけど、今すぐ転職しようとまでは思っていない」という人が多いでしょう。

しかし、そんな方も転職サイトに登録するという作業だけは今の段階でやっておくことをおすすめします。

なぜかというと、仕事の疲労やストレスが限界を超えると、「転職サイトに登録する」という作業すらつらくてできなくなってしまうからです。

(ほんとかよ?と思われるかもしれませんが本当です)

私自身経験がありますが、仕事でつらいことが続いた時の精神状態というのは普通じゃありません。

正直にいって、通勤電車をホームで待っているときに、

「このまま線路に飛び込んでしまえば、もう会社にいかなくてもいいんだよな…」

なんてことをふと思ってしまったことは1回や2回ではありませんでした。

常識的に考えれば、自ら命を絶ってしまいたくなるほど辛い仕事なら、別の会社に転職してしまえばいいことですよね。

しかし、精神的に追い詰められている時には、こんな簡単なことですら正常な判断ができなくなってしまいます。

「転職活動なんてやっても無駄だろ…自分の人生なんて一生こんな感じだし」という気持ちになってしまうのです。

(きっとあなたも、同じような気持ちになったことが1回はあるでしょう)

「いざとなったら転職すればいい」という選択肢を持っておくことが大切

もし、あなたが今の仕事をつらいと感じているなら、「情報収集のために転職サイトに登録しておく」という作業だけでもやっておいてください。

転職サイトに登録しておけば、さまざまな求人情報があなたのメールアドレスに届くようになります。

あなたに対して「ぜひうちで働いて欲しい」と思っている会社が世の中にはたくさんあることを知ってください。

そうすれば、「今の会社がどうしてもしんどくなったら、最悪の場合は転職すればいい」という選択肢を持つことができます。

精神的に限界を超えたときに、「転職」という事前の策を選択できる状態にしておくことが大切なのです。

今すぐ転職するつもりがない人も、転職サイトに登録して日頃から情報収集をしておきましょう。

転職サイトを使えば、あなたと同じぐらいの年齢、同じぐらいのキャリアの人たちがどういう働き方をしていて、いくらぐらいの年収を稼いでいるのか?といった情報も知ることができます。

それだけでも気持ちが楽になる部分があるはずです。

↓※おすすめの転職サイトはこちら。3分あれば無料で登録できます。

【リクルートエージェント】

30年以上も続く仕事生活を「大嫌いな人たち」と過ごしたいですか?

この記事を読まれている人は、比較的若い20代〜30代の方が多いですよね。

(この記事を書いている私も30代です)

私たちが老後を迎えるころには、サラリーマンの定年は65歳〜70歳になっているでしょう。

そうすると、私やあなたの仕事人生は今から30年〜40年以上も続いていくことになりますね。

いわば人生のほとんどを職場の人たちと過ごすことになるわけですが、

あなたはこんなにも長い時間を、「大嫌いな人たち」と一緒に過ごしたいですか?

できれば信頼できる仲間、尊敬できる上司、かわいい後輩にかこまれながら、やりがいのある仕事に取り組みたいですよね。

20代〜30代はキャリア形成の上でもっとも重要な時期です

特に、20代〜30代前半はあなたのキャリアの基礎を築く上でとても重要な時期です。

20代〜30代前半の時期に、

  • 「自分の仕事はこれ。しんどいこともあるけどやりがいもある。成長している実感もある」
  • 「この職場と職場の仲間が好きだ。上司はきびしいけれど同時に尊敬できる。お客さんとのやりとりも勉強になることが多い」

と思えるような環境で過ごしてきた人と、

  • 「こんな仕事はいやいややっているに過ぎない。さっさと定時で終わって家帰ってゲームしてえ」
  • 「職場の連中は嫌な奴ばっかりだ。上司はクソだし部下や同僚は自分の地位をおびやかす邪魔な存在でしかない」

と考えながら仕事をしてきた人とでは、ものすごく大きな差が生まれてしまうことはなんとなくイメージできるでしょう。

実際、ビジネスの第一線で働くようになる30代後半では、同年代の人たちとのキャリアに大きな差が如実につきはじめます。

  • まわりはもう課長になっているのに、自分だけはいつまでたってもヒラ社員…。
  • 同期入社のあいつは結婚して子供2人、マイホームも手に入れて順調なのに、自分はモテない一人暮らし…。

↑こんな状況は絶対に避けたいですよね。

もし今のあなたが、人に誇れるような仕事ができていない、一緒に働いている人たちがまったく好きになれない…

というような環境で働いているなら、できるだけ早いタイミングで転職活動を始めてみることをおすすめします。

↓なぜかというと、次の項目で見るように転職活動には実質的な「時間制限」があるからです。

あなたがいま26歳以下ならラッキーです

あなたは今何歳でしょうか。

もしあなたがまだ26歳以下ならラッキーです。どこの企業でも未経験から採用してくれる可能性があります。

どのような会社でも、「未経験からのキャリアチェンジでもOK」という条件で採用活動を行う際には、「26歳以下であること」を条件にしていることが多いからです。

この年齢なら第二新卒として転職活動をすることもできますから、新卒の時にはとても挑戦できなかった大手企業にも採用される可能性はありますよ。

一方で、すでに27歳以上の方は「黄色信号」が灯っていることを理解してください(今すぐ始めれば大丈夫ですが)

20代でもこの年齢を過ぎてしまうと、未経験からのキャリアチェンジというのは非常に苦しくなります。

まして30代になると、1つの実務領域での経験が求められるようになりますから、未経験職種への転職はかなり厳しいでしょう。

転職のために行動を起こすのは、早ければ早いほど有利であることをぜひ知っておいてください。

おすすめの転職サイトはこちら

まずは、転職サイトに登録して「世の中にはどんな仕事があって、みんなどのぐらいの年収で働いているのか」の情報収集から始めてみましょう。

転職サイトは無料で利用できますし、変な勧誘の連絡が来るようなこともありません。

(求人紹介のメールなどは届きますので、情報ストック用に専用のメールアドレスを1個作っておくと良いでしょう)

↓優良な求人が多く登録されているおすすめの転職サイトはこちらです。

【リクルートエージェント】

Pocket