職場の人とプライベートで関わりたくない時の注意点!LINEやSNSは?

職場の人 プライベート 関わりたくない

(職場の人とプライベートで関わりたくない…気まずくならない適度な距離感の取り方・コミュニケーションのコツは?)

  • 職場の人に連絡先やSNSのアカウントを教えて!といわれた…どうする?
  • 上司とどうやら自宅の方向が同じ。通勤電車で一緒になったりしたら会話がめんどう…。
  • なんで勤務時間外までストレスを感じないといけないの…?

↑「職場の人とプライベートのことまで関わりたくない」という方は少なくないでしょう。

「上司からプライベートのことを聞かれるとなかなか断りづらい」「人付き合いが悪いと思われる」など、心配なことも多いですよね。

しかし、長い目で見ると職場とプライベートを分けることは決して悪いことではないのです。

この記事では、職場の人と気まずくなることなく、プライベートでの関わりを上手にコントロールする具体的な方法について解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

職場の人とプライベートで関わりたくない…適度な距離感って?

大前提として、職場の人との人間関係は「つかず離れず」の関係がベストだということを理解しておきましょう。

人間関係の断捨離!などとまったく関係を遮断してしまうのも適切ではありませんし、かといって友達のように連絡を取り合うのも良くありません。

「フレンドリーにふるまいながらも、線引きをするべきところはきっちりと線引きする」というのがポイントといえるでしょう。

以下、具体的な行動のコツを解説します。

[ad#co-ue]

①電話やLINE・メールでの連絡の取り方

職場の人とのやりとりに電話やメール以外にもLINEを使うケースは増えていますね。

このようなツールを使用する場合、かしこまった文体であったり、スタンプは使わないなどの意識を持ちましょう。

【職場の人とのLINEやメールでのやりとりのポイント】

  • かしこまった文体を使う
  • スタンプは使わない
  • 自宅についた後は基本的に返信しない

電話やメールならば、仕事のようにかしこまった言い方でも違和感はありません。

むしろ、くだけた友達同士のようなやりとりになってしまうと、限りなくフランクになってしまい、プライベートとの線引きが非常に難しくなってしまいます。

同じ理由で、スタンプの使用は避けましょう。

また、返信を返す時間も大切です。

職場の人からの連絡に返信するのは、退勤後~通勤時間(1時間ぐらい)だけにしておきましょう。

こうしたおけば、「自宅についた後は携帯は別の部屋にある充電器に接続しているので、気づかないことが多いんです」というように理由をつけることが可能です。

[ad#co-1]

LINEでの注意点

LINEの場合どうしても使いやすさからフランクになってしまい、プライベートと一緒くたになってしまいます。

相手から「かしこまりすぎている」であったり、「スタンプとかは使わないの?」と聞かれるかもしれませんが、そこは正直にお伝えしましょう。

その方が相手も納得するので、「スタンプがない」などの嘘をつく必要はありません。

プライベートとの線引きをするためには、文章表現やツールの使い方でも「仕事」という意識を持つことが大切です。

あなたはあくまでも「仕事の相手」だということを相手にも理解してもらえば、相手に不快な印象を与えず、プライベートとの関わりを減らすことができます。

[ad#co-1]

②SNS(Facebook・Twitter・インスタなど)で気をつけておくべきこと

SNSでプライベートのことをあげている人にとっては、職場の人と繋がっているの知られてしまうのが嫌な人は大勢います。

知られたくない人は、まずアカウントを教えないのが一番です。

TwitterやInstagramは検索で知られてしまうので、アカウントに鍵をかけておき、いざ知られても簡単には内容を知られないようにするなどの対策を取りましょう。

ただ、Facebookの場合、Messengerを使いたいためにFacebookアカウントを教えなければならない状況もあります。

そんな時は、Facebookへの投稿時の公開範囲を設定してみましょう。

Facebookにて、投稿を表示する範囲の設定方法

投稿する際、「プライバシー設定を編集」を押すと「一部を除く友達」があります。
そこを選択すると、自分の友達一覧が表示されます。

そこで投稿を表示したくない人を選択し投稿すると、その人には公開されないので、知られずに投稿することができます。

[ad#co-1]

③外出先で偶然あったらどうする?挨拶はする?

プライベートであまり関わりたくないとはいえ、外出先で偶然出会ってしまうことも少なからずあります。

こちらが気づいて、相手が気づいていない場合

こちらが気づいた場合は、気づいていないふりをしてみましょう。

相手が気づいていなければ、気づいていないふりをしても気にすることはありません。

職場の人と互いに気づいた場合

お互い目が合ったりして気づいたと思ったら、会釈で済ませるのがいいです。

ただ、相手が自分の上長だったら、軽い挨拶をしておいた方が無難です。

プライベートとはいえ、目下から目上の方へ挨拶をするのがマナーですし、後々上司からの心証を考えると自分から挨拶しておきましょう。

[ad#co-1]

職場内で普段から気をつけておくべきポイント

職場内で普段から気をつけるべきポイントは、自分から休日やプライベートのことを話さないことが重要です。

自分から話してしまうと、「この人はおおっぴらに話しても大丈夫な人なんだ。」と思われ、次回からは相手から聞かれることが多くなるためです。

また、相手から聞かれた場合には、詳しく話さないことが一番です。

その際、相手から追加で質問が来るような返答をしないことも意識してみてください。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする