【自意識過剰を治す方法】被害妄想・ナルシスト…3つの原因タイプ別に対策を解説!

自意識過剰 治す

(自意識過剰を治すには?3つのタイプ別に具体的な改善方法を紹介します)

  • 相手に不愉快な思いをさせるのでは…と思ってしまい、うまくコミュニケーションがとれない…。
  • 自分では意識していないのに、相手から自意識過剰だと言われることがある…。

↑このような人間関係のお悩みをお持ちの方は少なくないでしょう。

筆者も昔は、なにか人前で話したり大きなことを任されたりしたとき、「失敗したらいろんな人から嫌われる」と必要以上に悩んだ経験がありますので、あなたの気持ちはとてもよくわかります。

コミュ障や人見知りの症状がある人の多くが、心理学上「自意識過剰」という状態にあるといわれます。

この記事では、3つのタイプ別に「自意識過剰を治す・人見知りやコミュ障を克服するための具体的な方法」を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

【自意識過剰を治す方法】あなたはどのタイプ?

自意識過剰の全体的な原因は、必要以上に自分を認められたいと願う強い承認欲求です。

さらに、その自他への興味の度合いを起因として、自意識過剰の原因は以下の3つのタイプに分類できます

【自意識過剰の3つのタイプ】

  • タイプ①:被害妄想の傾向が原因の場合
  • タイプ②:ナルシスト傾向があることが原因の場合
  • タイプ③:他人への興味が薄い傾向原因の場合

あなたはどれに該当しそうでしょうか。

以下ではタイプごとに治し方を具体的に解説しましょう。

[ad#co-ue]

自意識過剰のタイプ①:被害妄想の傾向が原因の場合

被害妄想の傾向が原因の場合、根本にある問題は「自分への期待値への高さ」です。

無意識のうちに「高すぎる理想の自分像」を作ってしまい、その理想が自分の能力の基準としてしまいます。

もし理想とのギャップがあると「自分はできないやつだ」「周りからダメなやつと認識されている」と必要以上に考え込んでしまうのです。

[ad#co-1]

治し方①:周りはコントロール出来ないと自覚する

他人は自分に対しそれほど興味がないこと、他人の感情はコントロールできないことを自覚しましょう。

周りの視線は思っているほど自分に向いておらず、あなたがなにか成功・失敗しても実はそこまで気にしていないものです。

それに気づけば、必要以上に評価を気にしたりできない自分を否定したりしなくなります。

治し方②:ありのままを受け入れる・自分を磨く

「理想の自分」とのギャップに対し、理想の自分を捨て今の自分を好きになるか、理想の自分に近づけるような自分磨きを行いましょう。

現実と理想とのギャップが考え過ぎる一つの原因ですので、そのギャップをいかにうまく埋めるかがポイントなのです。

[ad#co-1]

自意識過剰のタイプ②:ナルシスト傾向があることが原因の場合

ナルシスト傾向があることが原因の場合、根本の原因は「強い承認欲求」です。

他人からの評価を絶対視しているため、必要以上に自分を大きく見せたり、他人からの過大な評価を求めたりしなければ、その承認欲求を満たせなくなっているのです。

そうして視野が狭まってしまうと、周りを顧みない自意識過剰タイプの人間になってしまいます。

[ad#co-1]

治し方①:第3者に自分の悪いところを指摘してもらう

第3者の冷静な意見を受け入れることで、見えていなかった自分の弱点を知り反省や改善を行うことができます。

ナルシスト傾向が強い場合、悪いところや治すべきところを自分で見つけることは難しいので、好き嫌いで判断しない人物に客観的な意見を求めましょう。

治し方②:相手の気分を良くするように話す・聴く

相手を褒めたり素直に評価したりなどして、相手の気持ちに寄り添うコミュニケーションを取りましょう。

話題の中心を相手に置くことによって、相手からの評価が改善したり、相手の良いところが見えて謙虚になれたりします。

[ad#co-1]

自意識過剰のタイプ③:他人への興味が薄い傾向が原因の場合

他人への興味が薄い傾向が原因の場合、自分の目線でしか物事を考えないこと、または他人を無意識に見下していることが考えられます。

相手のことを顧みていないことは、相対的に自分のことしか考えていない自意識過剰状態ということです。

もし自覚がないとしても、相手からは「自分を中心に考えている奴」というレッテルを貼られていることも考えられます。

[ad#co-1]

治し方①:人の立場になって物事を考える

自分がされて嬉しいことや嫌なことを洗い出し、相手に嬉しいことをしているか、嫌なことをしていないか一度考えてみましょう。

真剣に相手の立場になって物事を考えれば、無意識にしていた自分中心の考え方の傾向が見えてきます。

治し方②:相手や第3者を話題の中心にする

誰かと会話する時は自分の話題を避け、会話相手や第3者を話題にしましょう。

自然と自分語りをし過ぎることを避けられ、同時に相手の好感度も上げることができますよ。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする