転職しない方がいい人の特徴:社会人・第二新卒が知っておくべき注意点

近頃はニュースなどでも売り手市場や人手不足という言葉をよく聞くようになりましたね。

ごく簡単にいえば転職がしやすくなっている状況といえますが、転職はあなたのキャリアにとても大きな影響を与えますから、慎重に検討しなくてはなりません。

その人の性格や、仕事についての考え方によっては、「転職をしないで、1つの企業に定年まで勤め続ける」という選択がベストというケースもあります。

今回は、10年以上転職業界で働いている私が、「どんなに売り手市場でも転職しない方がいい人」の特徴と、その具体的な理由について解説します。

近い将来に転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

転職しない方がいい人の特徴4個

転職しない方がいい人

転職エージェントとしてたくさんの求職者を見てきた経験からいうと、次のような人は「転職しない」という選択が、ご自身のキャリアにとって結果としてプラスになるケースが多いです。

転職しないほうがいい人の特徴

  • ①安定した企業に勤めている
  • ②会社からの評価に不満を抱いている
  • ③キャリアプランが明確でない
  • ④入社して年数が浅い

以下、それぞれの特徴についてくわしく解説します。

[ad#co-af1]

①安定した企業に勤めている

安定しているがゆえに刺激が足りずベンチャー企業へ転職を希望する人がいますが、この傾向がある人は転職には向いていません。

というのも大半の人にとって仕事というのはお金を稼ぐことが目的だからです。

私が見てきた中でも大手企業から転職した人のほとんどが、以前の会社より貰える給与も低く、待遇に不満を持ってしまい数年以内に再転職というパターンが非常に多かったです。

[ad#co-1]

②会社からの評価に不満を抱いている

「どれだけ仕事を頑張っていても全然評価してもらえない!」

そう思っている人は転職を考えるのではなく、仕事のやり方を改善してみることをおすすめします。

社会人というのは会社が満足する結果を出さなければいけません。

評価されないのは何かが足りていないということになります。

転職したからといって突然評価がうなぎ登りになることはほとんどないのです。

[ad#co-1]

③キャリアプランが明確でない

キャリアプランがまだ明確になっていないという人は、まだ転職活動を始めるべきではありません。

「キャリアプランが明確」な状態というのは、ごく簡単にいえば「自分はどういう業界の、どういう職種で今後プロとしてキャリアアップしていこうと考えているのか」ということを、具体的に紙に書き出すことができる状態のことをいいます。

というのもキャリアプランという将来の目標を持たない場合、嫌なことがあったり壁にぶつかったとしましょう。

そんな時に壁を乗り越えようという意思を持つ人はほとんどおらず、また転職すればいいやと考える人が大多数なんですよね。

会社側としては迎え入れる以上は末長く働いてほしいので、そういった人はなるべく採用したくないですし、転職回数の多さも増えてしまうので良い判断とは言えないでしょう。

[ad#co-1]

④入社して年数が浅い

スピード退職なんて言葉もありますが、入社して3年以内に転職を考える人は結果的に転職しない方が良い傾向にあります。

というのも仕事というのは継続するほど慣れてくるからです。

私が面接の際に聞いた理由としては、入社したばかりで仕事にも慣れておらず、ミスを繰り返す自分が申し訳なくなったというパターンが多かったです。

しかし転職すると慣れない仕事をはじめからやり直す事になり、結果的にミスを繰り返し続けるジレンマに陥ってしまいますよね。

石の上にも三年ということわざがありますが、むやみに転職するのではなくじっと耐えてみるのも良いのではないでしょうか?

[ad#co-1]

第二新卒といえど転職しない方がいい場合も?

最近は第二新卒の採用に力を入れている企業も少なくありません。

新卒に比べて一度就職しているため、ビジネスマナーを一通り習得していたり、社会人経験の少なさから柔軟に適応できる人材と判断されるので、他の転職者に比べて一般的な転職の成功率は高いと言えます。

しかし、いくら第二新卒といえど転職しない方がいい人は存在します。

その理由を企業側の立場で解説しましたのでご覧ください。

転職しないほうがいい人の特徴:第二新卒の方向け

  • ①大手企業に転職したいと考えている
  • ②転職理由を会社のせいにしている
  • ③自分の武器になるものを持っていない

こちらも順番にくわしく見ていきましょう。

[ad#co-1]

①大手企業に転職したいと考えている

今の会社を踏み台にして大手企業へ入りたいと考えている人は転職しない方が良いでしょう。

というのも大手企業というのは求職者から絶大な人気があります。

何十年もキャリアを積み、即戦力として働ける中途に比べると、大したスキルも無く入社後すぐにやめてしまう可能性がある第二新卒というのは雇われにくいです。

[ad#co-1]

②転職理由を会社のせいにしている

「職場の人間関係が悪かった」「残業が多い」と転職する理由を会社のせいにしている人は転職を思いとどまってみてください。

私の経験上、転職を会社のせいにしている人は転職後も何かと会社のせいにして不満ばかり募る傾向があります。

[ad#co-1]

③自分の武器になるものを持っていない

自分の強みである武器を持っていない人は転職しない方が良い傾向にあります。

というのも転職で企業側としては即戦力を求めています。

新卒と比較した際に何か頭一つ抜けているものが無いと、すぐに辞めてしまう可能性がある第二新卒よりはまだフレッシュな新卒を雇いたいと考えるからです。

[ad#co-1]

まとめ

今回は転職しない方がいい人の特徴を解説してみました。

私は今まで数々の転職者と面談をしてきましたが、本文でも紹介した通り転職するためには明確なキャリアプランとそれに伴う覚悟が必要だと感じています。

転職しようと考えている人は参考にしてみてください。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする