転職活動での自己分析の方法とは?

自分はどんな風に働いていきたいのか。

どんなスキルを身につけていきたいのか。

そして、どんな会社に入社がしたいのか。

そういった自分のキャリアを見つめなおし、進む先を考える“自己分析”は、仕事探しのタイミングでは非常に重要です。

とにかく給料をもらえればそれで良い、なんて考えで仕事を探す人はほとんどいないでしょう。

満足度高く、日々充実感を感じながら働いていくためには、自己分析は必要不可欠。

今回は、そんな自己分析に関して、転職活動という目線から見ていきます。

[ad#co-1]

転職活動に自己分析は必須!なぜ自分は転職をするのかを考えよう

転職活動での自己分析の方法

(転職活動での自己分析の方法とは?)

多くの人は、自己分析は新卒での就職活動で行うもの、というイメージを持っているでしょう。

確かに新卒の時にも大切ですが、実は転職活動での自己分析の方がより重要であると考えます。

なぜなら新卒はポテンシャル採用であり、「何がしたいか」を軸にした考えだけで大丈夫ですが、中途の場合はそれに加えて、「何ができるか」も考えなければいけないから。

新卒の時よりもより深く、複雑な情報をしっかりとまとめ、自分が理想とする像を組み上げていかなければならないのです。

>>自己分析のやり方をプロに相談した結果…

今までのキャリアや経験、スキルを細かく書き出す

まずは自分自身が今まで歩んできたキャリアを、どんな些細な事でも構いませんので漏らさず書き出すようにしましょう。

「こんなものはスキルとは言えない…」「誰でもできることだろう…」そんな風に思ってしまうこともあるかもしれませんが、意外とあなたができることが他の人も同じようにできるとは限りません。

あれができる、これができるということを伝えて損をすることはありませんが、逆に伝えないと勝手にできないと思われて損をしてしまうこともあります。

自分の持つ経験をすべて洗い出すことが大切です。

[ad#co-2]

なぜ転職するのか?求める会社像を明確にしよう

自分のスキルがわかったら、今度はなぜ転職したいのか、なぜ今の会社ではダメなのか、新しい会社に求める条件をピックアップしていきましょう。

給料を上げたいのか、休みが欲しいのか、それとも仕事のやりがいか。とにかく欲しい要素はすべて出しておくと良いでしょう。

しかし、大体想像できているかと思いますが、転職先で必ずしもすべてを手にすることは難しいものです。

求めるものが見つかれば、今度はそれに優先順位をつけていき、絶対に譲れないもの、最悪譲っても良いもの、というのをしっかり分けるようにしておきましょう。

いざ働き始めてから、実はこっちの要素の方が自分には重要だった。なんてことになったら辛いですからね。

>>私が実際に使った転職サイトはこちら

自分を活かせる環境かつ、我慢しなくても良い環境を見つけ出す

あとは、自分のスキルと求める要素を組み合わせ、自身のスキルを活かしつつも、我慢しなくて良い環境を探しましょう。

初めての仕事、やりたい仕事にチャレンジすることも大切ですが、やはり自分の才能やスキルを活かして、それを必要とされる会社で働くことは大きなやりがいへとつながっていきます。

まったく新しい仕事に挑戦する際でも、今までの経験で何か活かせるポイントはないか、と考えておくことも重要。ここぞ!という一社を見つけ出しましょう。

>>年収アップを狙うならハローワークではなくこちら

まとめ:自己分析は天職探しの第一歩。活動前に必ず実施しておこう

転職をしようと思ったということは、今の会社を選んだ時に、どこかで失敗をしてしまったということでもあるでしょう。

同じ失敗を繰り返さないためにも、転職活動での自己分析は、新卒の時以上に丁寧に行いましょう。

まずは自分ができること、スキルを洗い出し、その上で会社に求めるものをピックアップして取捨選択。

働く上で、自分が最も大切にしているものは何か、ということを見つけ出すことができれば、転職成功はもう目の前!あとはその道を信じて突き進みましょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする