転職活動の不安感と向き合う方法

転職活動は、転職したい会社からすぐに内定をもらえる保証はありませんので、常に不安との戦いになります。

どうやったら不安感を解消したり、乗り越えたりすることが出来るのでしょうか?

今回は、転職活動の不安感と向き合う方法についてまとめましたので、これを読んで前向きな気持ちで転職活動を行ってみてください。

[ad#co-1]

転職活動に不安感はつきもの

転職活動の不安感

(転職活動の不安感と向き合う方法)

転職活動は、どんなに仕事の能力が高い人でも、それを上手にアピール出来なければ面接で落とされてしまいますし、応募した企業との相性が悪ければ内定をもらうことは出来ません。

また、転職してから「こんなはずじゃなかった」となってしまうケースもありますので、そういった意味でも、転職活動に不安感はつきものです。

しかし、不安感が大きければ大きいほど、その不安は面接等の場で表情やコミュニケーションに現れてしまった結果「自信が無い」と思われてしまう等、マイナスの印象を与えてしまうことがあるので注意が必要です。

[ad#co-af1]

転職活動の不安感をどう隠すか

面接の場で相手に不安感を伝わらないようにする一番のポイントは、不安感を無くすということですが、完全に不安感を無くすということは非常に難しいことです。

どうせなくならない不安感なら、上手にそれを隠して転職活動を少しでも早く終わらせる(つまり内定を得る)ことに集中しましょう。

以下では、面接の場で不安感を隠す具体的な方法をご紹介します。

[ad#co-2]

転職活動に不安感がある理由

一般的に転職活動の不安感は、以下の2つの理由に分類されます。

  • 希望する会社から内定がもらえなかったらどうしよう…
  • 転職先が悪い会社だったらどうしよう…

内定をもらえなければ転職することが出来ないことは当然ですが、転職出来たとしても、転職先がブラック企業である可能性もあります。

また、転職してみたら現状の待遇よりも結果として悪くなってしまったり、将来業績が非常に悪くなり賞与がカットされたり、リストラや倒産する危険性というのも否定出来ません。

>>私が実際に使った転職サイトはこちら

転職活動の不安感を隠す方法①企業調査を万全に

面接を受ける前に、その企業のことを「これ以上調べようが無いと言えるほどしっかりと調べておく」ということです。

企業のことをしっかりと調べておくと企業のことに詳しくなるので、入社した後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性が低くなります。

また、面接で行う「志望動機」や「自己PR」は、その企業のことをしっかりと調べた上で、その企業にマッチしたPRを行えば行うほど内定をもらえる可能性は高くなります。

さらに、面接官がどんな質問をしてきても、会社のことを理解していればいるほど面接官の質問の意図を理解しやすくなるため回答がしやすくなりますので、面接中に手応えを感じることが多くなり、不安感が面接官に伝わりにくくなります。

[ad#co-3]

転職活動の不安感を隠す方法②基本的動作に注意する

不安を隠すためには、基本的な動作も重要です。

不安がある人の特徴としては、「目が泳ぐ」「早口になる」「声が小さくなる」等があります。

きちんと視点を定めて、相手にしっかりと聞こえる声でゆっくりとしゃべるだけでも十分効果があります。

これは基本的なことですが、不安感が大きければ大きいほど基本的な動作が疎かになりがちなので、まずはここをしっかりと意識しておきましょう。

>>転職サイトに登録しておくと、人事担当者とのスケジュール調整などを全部やってくれますよ

まとめ:転職活動の不安感を消すにはとにかく行動!

転職活動をすることに対して、全く不安感が無いという人はおそらくいません。

多くの人が不安を感じる転職活動ですが、ただじっと不安を抱えているだけでは何も解決出来ないため、とにかく行動することが重要です。

行動するということは、転職したいと思う企業のことをよく調べた上で面接の対策を行い、入社した後の認識祖語等を極力無くしておくということです。

行動することにより不安を少しでも解消したり、面接官に不安が伝わらないようにして、上手に転職活動を行っていきましょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする