転職活動の不採用通知には返信すべき?

転職活動をして何社か面接を受けると大抵は送られてきてしまう不採用通知。

不採用通知を受け取った場合、面接・選考してもらったことに対しての御礼等のメールは返信すべきだと思いますか?

それとも、無視しても問題ないと思いますか?

これを読めば、返信せずにはいられなくなる、というエピソードをご紹介します。

[ad#co-1]

不採用ならどうせその会社とは縁が無いから…と考えていませんか?

転職活動の不採用通知に返信

(転職活動の不採用通知には返信する?)

せっかく忙しい時間を割いて、準備して、面接を受けに行ったのに、不採用通知が来るとがっかりしてしまいますよね。

「どうせその会社とは縁が無いから…」と考えてしまいたくなる気持ちはよく分かります。

そして、不採用通知に返信しなかったからと言って、大きなデメリットがあるわけでもなければ、怒られるわけでもありません。

しかし、もう縁がないと言いきれないケースもあります。

一つの驚きのエピソード(実話)をご紹介します。

[ad#co-1]

返信したことによって功を奏したケース

ある会社で、中途入社者の採用活動をしていた時のこと。

募集枠1人に対して2人の応募者が最終面接まで残り、面接の結果、能力的には2人とも合格。しかし、内定を出すことが出来るのは1人だけ。

2人はどちらも優秀で、採用担当者は悩みました。

その会社は応募者を管理するシステム(採用管理システム)を導入しており、過去15年間の応募者のデータ(面接の内容や結果、SPI等の能力テストの結果、採用担当者と応募者との面接日程の調整メール等やり取りの全て)をシステムの中で管理していました。

[ad#co-af1]

お礼があるメールとそうでないメールの差

現場の責任者を集めて、採用管理システムを見ながら2人のうちのどちらに内定を出すかの会議を行っていた時のこと。

応募者の1人をシステムにて検索したところ、4年前にも面接を受けており、最終面接で不合格になっていることが判明。

内容を確認している中で、当時の採用担当者がその応募者に送った不採用通知のメールと、それに対しての応募者からの返信の記録が現場の責任者の目に留まりました。

その応募者が採用担当者に返信した内容は、選考や面接をしてもらったことへの御礼だけでなく、面接官にアドバイスしてもらったことに対しての御礼が丁寧に書かれていました。

それを見た現場の責任者が一言「すごく真面目な子だね。こうやってちゃんと御礼のメール書くのってすごいことだと思う」と発言したことをきっかけに、2人のうち、その応募者の方を採用しようという雰囲気になり、最終的にはその人の内定が決定しました。

[ad#co-1]

まとめ:実は大事なことは、「返信をするか、しないか」ではない

既に書いた通り、返信しなくても大きなデメリットがあるわけではないため、不採用通知に返信すること自体が重要なわけではありません。

大事なことは、不採用通知が届き落ち込んでいるような時でも、御礼の連絡をきちんと返せるという人間性と行動力なのです。

上に書いた実話は、まさにその応募者の人間性と行動力が功を奏したのです。

[ad#co-1]

転職エージェントに任せる?

とはいえ、忙しくて返信しきれないというのが現状であることは間違いありません。

そういった場合は転職エージェントを活用して、企業側との細かなやり取りは全て転職エージェントに任せてしまうというのも一つの手です。

そうすれば不採用の連絡も個人にではなくエージェントを経由してもらえるので、不採用通知に対しての御礼の返信もエージェントに対応してもらえます。

忙しい中での転職活動なわけですから、使えるものはどんどん使っていきましょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする