転職活動の最終面接で聞かれる質問への答え方

転職活動の最終難関と言えば、最終面接ですよね。

せっかく説明会・1次・2次と選考を進めて来ても、最終面接で落とされてしまうとこれまでの努力は水のあわとなってしまいます。

そして、また違う企業で選考を最初からやり直す必要がありますから、これまでかけてきた時間が無駄になってしまうことは避けられません。

最終面接を突破するために、最終面接の面接官である役員等の質問にどうやって上手に回答すれば良いのか?を知っておきましょう。

[ad#co-1]

転職活動の最終面接の質問では何を見ているのか?

転職活動の最終面接での質問

(転職活動の最終面接での質問)

最終面接は、その企業の採用活動における最終意思決定者(社長や役員等)による面接です。

1次や2次の面接にてどんなに人事からの評価が高くても、最終面接で落とされるということは珍しいことではありません。

最終面接を行う理由は、採用における最終意思決定者が「会社のビジョンとマッチした人材であるか」や「会社の将来を担っていける人物であるか」を最終判断するためです。

そのため、能力や経験が申し分なかったとしても落とされる可能性が十分にあるという意味では難易度が高いですが、きちんと対策を立てておくことにより合格する可能性を上げあることは出来ます。

[ad#co-af1]

最終面接で質問されることが多い内容と回答のポイント

最終面接の面接官は、応募者と会社とのマッチ度合を見極めようとしているため、ある程度重要な質問は予測できます。

最終面接でよくある質問としては、以下のようなものがあります。

転職活動の最終面接でよくある質問

  • この業界や事業は今後どうなっていくと思いますか?
  • 10年後のビジョンを教えて下さい

[ad#co-2]

企業側は、長い目で見てのびしろがある、ゆくゆくは会社を背負っていけるような人材を採用したいと考えています。

そのため、あなたに長期的な視点があるか?を重点的にチェックしていることが予測されます。

そのため、きちんと業界や会社のことについて研究し、自分なりの考えを上のポイントに沿って回答することが重要です。

「この事業をもっと大きくしていきたい」というような抽象的な意見ではなく、大きくした上で何がしたいのかを具体的に回答するようにしましょう。

応募先の企業がどのような事業に力を入れているのか?について下調べをしておくことがとても大切です。

以下、具体的な回答例を紹介しますので、参考にしてみてください。

>>転職サイトに登録しておくと、人事担当者とのスケジュール調整などを全部やってくれますよ

具体的な回答例①(この業界や事業は今後どうなっていくと思いますか?)

今後、~(業界に関連するトピックス)が進む中で~に対応できる企業が不足していくと予測します。

なので、○○業界からの需要は更に増え続けていくのではないでしょうか。

その中で、御社の~ような取り組みは、顧客からのニーズ変化に対応していく重要な取り組みだと思います。

このような挑戦的なアクションをとっている企業でぜひ働いてみたいと考えています。

[ad#co-4]

具体的な回答例②(10年後のビジョンを教えて下さい)

御社で行われている~事業にとても関心があります。

入社後の配属につきましてはもちろんお任せいたしますが、ゆくゆくはこの事業にかかわる仕事ができることにあこがれをいだいています。

そのためにも入社がかないました場合には、与えられた仕事をしっかりとこなし、少しでも早く一人前と認めてもらえるよう頑張りたいと考えております。

>>自己分析のやり方をプロに相談した結果…

避けるべき回答の仕方

こういう回答の仕方は避けたほうが良い、という例も知っておきましょう。

最終面接で「10年後にどうなりたいですか?」という趣旨の質問に対してのNGな回答例を紹介します。

「10年後にどうなりたいですか?」へのNGな回答例

  • 「仕事に対する理解を深めたいです。」
  • 「チームリーダーになりたいです。」
  • 「課長になりたいです。」

[ad#co-5]

こういった回答はついしてしまいがちですが、仕事の理解を深めたり、チームリーダーや課長になること自体は目的ではありません。

また、それが出来たところで、会社にどのような影響があるのかが抽象的で伝わりません。

抽象的で伝わらないということは、「あまり深く考えてない」と思われてしまう等、悪い印象を与える可能性が高いです。

回答するのであれば、あなたが仕事に対する理解を深めたり、課長やチームリーダーになったりすることによって「具体的に何がしたいのか」、「それによって会社はどうなるのか」を回答するようにしましょう。

>>私が実際に使った転職サイトはこちら

まとめ:最終面接では自分の意見を伝えきることが大事

1次や2次の面接を通過し最終面接までいっているということは、すでに基本的な人柄・知識・経験・意欲等は問題無いと企業側は判断しています。

それはつまり、1次・2次等の面接官はとしては「現場としては欲しい人材」と考えているということなので「現場との親和性は高い」ということになります。

そうなると、後は最終面接で「現場だけではなく、会社との親和性も高い」ことをアピール出来れば合格出来ます。

最終面接では、会社との親和性が高いことをアピールするために、会社に対しての自分の意見や想いを伝えることを意識しましょう。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする