転職活動の面接で「長所は何ですか?」とを質問された時の解答方法

転職活動の面接でよく質問される「あなたの長所は何ですか?」という質問に対して、どんな答えがベストアンサーだと思いますか?

長所を回答する時の注意点やあらかじめ頭に入れておくべきことをご紹介します。

[ad#co-1]

転職活動での長所のベストアンサーとは?

転職活動の面接で長所

(転職活動の面接で長所を質問されたら?)

学生の就職活動の時は面接で長所を聞かれた時に「諦めずに最後までやる」とか「責任感が強い」等がよくある回答ですし、学生の場合はその回答をする理由を学生時代等のエピソードから上手に話せればOKです。

しかし、転職活動の場合は違います。

「諦めずに最後までやる」とか「責任感が強い」と回答してはいけないということはありませんが、それはちょっと当たり前すぎる回答です。

社会人が仕事をすることにおいて、諦めずに最後までやるとか責任感を持つことはあたり前のことと思われてしまい、長所として認識してもらえない可能性があります。

転職活動の場合は、「企業が求めていること」をもとに自分の長所をアピールすることが必要になります。

>>信頼できるプロにメールで相談してみませんか?(無料)

企業が求めていること

企業が求めていることは、応募先の企業ごとに異なります。

例えば、ひたすら膨大な事務のルーチンワークがある会社ではスピードと正確性と集中力が求められますし、新しい改革をどんどん取り入れる会社ではイノベーション思考が求められます。

>>転職サイトに登録しておくと、人事担当者とのスケジュール調整などを全部やってくれますよ

膨大な事務のルーチンワークを求めている会社の面接で長所を質問されて「イノベーション思考を持っている」ことをアピールしても逆効果です。

また、反対に「イノベーション思考」が求められる会社で「処理の正確さ」をアピールされても企業としては物足りなく感じてしまいます。

[ad#co-2]

事前の企業分析は重要

企業があなたに求めている長所は企業ごとに異なるため、まずはその企業について企業分析を行うことが重要です。

正確性や高い集中力を長所として求められそうな会社なのか、イノベーション思考を求められそうな会社なのか等をしっかりと見極め、その上で企業ごとに長所の回答内容を変える必要があります。

>>私が実際に使った転職サイトはこちら

「ワークライフバランスを保てる」の場合にアピールすべき長所

例えば、「ワークライフバランスを保てる」という内容を売りにしている求人情報であれば、その企業は残業可能な人というよりも、きっちりと定時に仕事を終わらせられる人を求めています。

そのため、あなたの長所としては「高い集中力」や「決められた時間内に仕事を終わらせる」、あるいは「処理速度が速い」等の長所をアピールするようにしましょう。

[ad#co-4]

「クリエイティブな仕事」の場合にアピールすべき長所

また、求人情報の仕事内容に「クリエイティブな仕事」といったような文言があれば、「新しいことにチャレンジする精神」や「企画することが得意」といったようなことを長所としてアピールするとよいでしょう。

企業側としては採用したい人物像とマッチしているということになり採用してもらえる可能性が高くなります。

応募書類に長所を記入しているケースがあるかと思いますが、応募書類を使い回している場合はその企業に対してアンマッチな長所が書かれたままの書類である可能性があるため、書類の使い回しは原則NGである事にも注意してください。

[ad#co-shita]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする