「2018年9月」の記事一覧

転職しない方がいい人の特徴:社会人・第二新卒が知っておくべき注意点

転職活動のポイント
転職しない方がいい人

近頃はニュースなどでも売り手市場や人手不足という言葉をよく聞くようになりましたね。 ごく簡単にいえば転職がしやすくなっている状況といえますが、転職はあなたのキャリアにとても大きな影響を与えますから、慎重に検討しなくてはなりません。 その人の性格や、仕事についての考え方によっては、「転職をしないで、1つの企業に定年まで勤め続ける」という選択がベストというケースもあります。 今回は、10年以上転職業界で働いている私が、「どんなに売り手市場でも転職しない方がいい人」の特徴と、その具体的な理由について解説します。 近い将来に転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「転職3回目」は人事にどう評価される?20代の職務経歴書の書き方

転職活動のポイント
転職 3回目

転職回数が多いと次の転職が成功するか不安になりますよね。 一般的に20代の転職の壁は3回目までと言われていて、それ以上になってしまうと企業側は転職者に対して不信感を抱くようになり、成功率がグンと下がってしまいます。 そこで今回は3回以上の転職と、人事で採用担当をしていた経験を持つ私が転職回数が多くても採用される確率が上がるコツと職務経歴書の書き方について解説します。 転職回数の多さに不安がある方はぜひご覧ください。

転職したいけど何がしたいかわからない方へ。20代で理想の仕事に出会う方法

仕事のアドバイス
転職したいけど何がしたいかわからない

やりたいことが分からないまま就職してしまった人というのは20代だけでなく、30代、40代にも多く見られる傾向にあります。 「転職しようとサイトを覗いてみたけど、いまいちピンとこないし……」 そんな方へ向けて、自分のやりたい仕事を見つけ、転職に成功した私が自分のやりたい仕事の探し方を解説します。 惰性で毎日を過ごしている方、自分に合った転職を考えている方は参考にしてみてください。

歓迎会に行きたくない…マイナス評価にならない対処法は?職場の飲み会が苦痛な新人さん必見!

仕事のアドバイス
歓迎会 行きたくない

新しい会社への所属が決まると、必ずと言っていいほど「歓迎会」が行われますよね。 歓迎会の場は、新入社員としては先輩や上司に顔を覚えてもらったり、いち早く職場に馴染むためのコミュニケーションの場として非常に重要な場です。 しかし、新入社員だけでなく、歓迎する側の社員にも「歓迎会に行きたくない」と感じる人って実はすごく多いんですよね(かくいう私も、20代のころはこういう飲み会には行きたくない人のひとりでした笑) 今回は、「歓迎会などの飲み会が苦手」「お酒の場が苦手」という方たちのために、上手な対処法とどうしても行きたくない場合の断り方を解説しますので、参考にしてみてください。

やりたくない仕事がストレス…でもいきなり転職はするな!人生にプラスになる対処法

仕事のアドバイス
やりたくない仕事 ストレス

やりたくない仕事がストレスでどうしようもない…今の職場には不満しかなくて、このまま続けていくのが自分の人生にとってプラスになるようには思えない…。 20代のビジネスマンの方の中には、こんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、やりたくない仕事がストレスでどうしようもない…という20代の社会人の方向けに、仕事へのポジティブな取り組み方や転職活動を検討すべきタイミングについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

好きなことを仕事にすると辛い?後悔する?メリットデメリットを経験者が解説!

仕事のアドバイス
好きなこと 仕事

大好きなことで楽しく働こう!自己実現の時代だ!…などなど、最近は好きなことを仕事にすることをおすすめするネット記事やビジネス書をたくさん見かけますよね。 もちろん、自分が大好きなことを仕事にすれば高いパフォーマンスとモチベーションで働くことができるでしょうが、一方で始める前に知っておくべきリスクやデメリットがあるのも確かです。 この記事では、実際に自分が大好きなこと・人生で達成したいことを仕事にしている私が、「好きなことを仕事にすることのメリットとデメリット」について説明します。 実体験に基づいて正直な体験談を書きますので、これから新しい仕事を始めようと考えている方の参考になると思います。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

協調性がある人の特徴や具体例:就活の履歴書で長所にする場合の例文あり

仕事のアドバイス
協調性がある

「協調性がある」という評価は、日本人として生きていくうえでもっとも重要な特性といえます。 日本では、就活~クラブ活動での評価まで、協調性がある人は組織の中で重要なポジションを任せられる傾向があるからです。 この記事では、「協調性がある」と評価される人はどういう人なのか(どういう特徴や共通点がある人なのか)について説明します。 就活や転職活動で協調性があることをアピールするためには、履歴書でどういうことを書いたらよいのかについても例文付きで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ページの先頭へ