「転職活動のポイント」の記事一覧

転職しない方がいい人の特徴:社会人・第二新卒が知っておくべき注意点

転職活動のポイント
転職しない方がいい人

近頃はニュースなどでも売り手市場や人手不足という言葉をよく聞くようになりましたね。 ごく簡単にいえば転職がしやすくなっている状況といえますが、転職はあなたのキャリアにとても大きな影響を与えますから、慎重に検討しなくてはなりません。 その人の性格や、仕事についての考え方によっては、「転職をしないで、1つの企業に定年まで勤め続ける」という選択がベストというケースもあります。 今回は、10年以上転職業界で働いている私が、「どんなに売り手市場でも転職しない方がいい人」の特徴と、その具体的な理由について解説します。 近い将来に転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「転職3回目」は人事にどう評価される?20代の職務経歴書の書き方

転職活動のポイント
転職 3回目

転職回数が多いと次の転職が成功するか不安になりますよね。 一般的に20代の転職の壁は3回目までと言われていて、それ以上になってしまうと企業側は転職者に対して不信感を抱くようになり、成功率がグンと下がってしまいます。 そこで今回は3回以上の転職と、人事で採用担当をしていた経験を持つ私が転職回数が多くても採用される確率が上がるコツと職務経歴書の書き方について解説します。 転職回数の多さに不安がある方はぜひご覧ください。

転職活動の不安感と向き合う方法

転職活動のポイント
転職活動の不安感

転職活動は、転職したい会社からすぐに内定をもらえる保証はありませんので、常に不安との戦いになります。 どうやったら不安感を解消したり、乗り越えたりすることが出来るのでしょうか? 転職活動の不安感と向き合う方法についてまとめましたので、これを読んで上手に転職活動を行いましょう。

転職活動していることを上司に相談するのはNGですか?

転職活動のポイント
転職活動を上司に相談

在職中に転職活動を始める場合、できれば退職するのは次の会社を決めてからにしたいものですね。 しかし、在職中の転職活動というのは何かと負担が大きいものですから、できれば現在の職場の上司に相談して、退職予定日の調整なども協力してもらうのがベストです。 今回は在職中に転職活動を始める場合に、上司にどのような形で相談するべきか?について解説させていただきます。

転職活動の最終面接で聞かれる質問への答え方

転職活動のポイント
転職活動の最終面接での質問

転職活動の最終難関と言えば、最終面接ですよね。 せっかく説明会・1次・2次と選考を進めて来ても、最終面接で落とされてしまうとこれまでの努力は水のあわとなってしまいます。 そして、また違う企業で選考を最初からやり直す必要がありますから、これまでかけてきた時間が無駄になってしまうことは避けられません(やむをえないことではありますが) 最終面接を突破するために、最終面接の面接官である役員等の質問にどうやって上手に回答すれば良いのか?を知っておきましょう。

転職活動の不採用通知には返信すべき?

転職活動のポイント
転職活動の不採用通知に返信

転職活動をして何社か面接を受けると大抵は送られてきてしまう不採用通知。 不採用通知を受け取った場合、面接・選考してもらったことに対しての御礼等のメールは返信すべきだと思いますか?それとも、無視しても問題ないと思いますか? これを読めば、返信せずにはいられなくなる、というエピソードをご紹介します。

転職活動の選考辞退はメールで大丈夫?正しいマナーと例文を紹介

転職活動のポイント
転職活動の選考辞退はメールか

転職活動をしていると、この会社は少し違うな、第一希望の会社から内定が出たから、などの理由で選考参加を辞退しなければならないケースも出てくるでしょう。 せっかく面接などに時間を割いてくれた企業に対して、お断りを入れるのはなかなか心苦しいものがありますよね。 今回は、転職活動の際にどうしても選考辞退をしなければならなくなった場合に気を付けたいマナーについて解説させていただきます。

転職活動での自己分析の方法とは?

転職活動のポイント
転職活動での自己分析の方法

自分のキャリアを見つめなおし、進む先を考える“自己分析”は、仕事探しのタイミングでは非常に重要です。 とにかく給料をもらえればそれで良い、なんて考えで仕事を探す人はほとんどいないでしょう。 満足度高く、日々充実感を感じながら働いていくためには、自己分析は必要不可欠。 今回は、そんな自己分析に関して、転職活動という目線から見ていきます。

ページの先頭へ