Pocket

未経験で入社した税理士事務所。いろんな経験は積ませてもらえたけれど、最近マンネリぎみ…。

もっと違う業種の担当をしてみたい将来の独立に備えてもっと規模の大きい企業の担当をしてみたい。そう思ったことはありませんか。

所長税理士や同僚スタッフとの人間関係に悩んでいるという方も多いかもしれません(ワンマンすぎる所長税理士ってほんと多いですよね…)

ここでは私が3年間勤めた税理士事務所から、現在の仕事(一般企業の経理)に転職した時に経験したことを体験談として書かせていただきます。

税理士事務所を辞めたい…となる理由

私は税理士事務所で5年間ほど仕事をした後に退職をして、その後は一般企業の経理職をやっています。

「来月末までで辞めたいです」と所長税理士に伝えたときにはのらりくらりとかわされてしまってなかなか辞められなかったのですが、最終的には3ヶ月ほど経ったタイミングで退職しました。

ここでは税理士事務所で働いている人に良くある不満や悩みについて書かせていただきます。

【辞めたい…となる不満①】給料が低い

私の場合、税理士事務所に対して感じていた不満で最も大きかったのは給料の低さでした。

昔ながらの個人事務所にとても多いと思うのですが、税理士事務所側は「税理士試験の勉強もやりやすい状態にしてあげるから、給料はそこそこでがまんして」というスタンスです。

私の所属していた事務所もまさにこういう雰囲気でしたね。

勉強がやりやすい環境」とはいっても、実際には業務量は確定申告時期などには日付が変わるまで残業…というのが当たり前で、残業代もろくに支給されないというありさまでした。

こんな事務所に所属している自分が、担当している企業の経営者に「従業員を大切にする経営をしましょう」とか言っているのには虚しさを感じざるを得ませんでした…。

入社当初のお給料は手取りで18万円を切っていましたし、30代で入社10年目という人でも同年齢の人の平均年収よりは大幅に下回っていました。

【辞めたい…となる不満②】中小企業相手の業務がマンネリ

中小企業がお客さんの場合、税理士の仕事はちょっとでも節税になるアドバイスをすることだけになりがちです。

本当は会計知識を生かして顧問先企業の経営に食い込むような仕事がしたいのに、月次監査や決算作業ばかりでマンネリ…という方も多いでしょう。

中小企業相手の仕事というのは、もともとできる仕事の幅がせまいのが現実です。

管理会計的な知識については実務ではまったく必要とされない…と不満を感じている方も多いかもしれませんね。

本来、会計というのは経営にいかすためのもののはずで、そういったアドバイザリー的な仕事もやりたいのに、決算業務のルーティンばかりでうんざり…という状態になっている人は多いと思います。

【辞めたい…となる不満③】税理士試験に合格できない

税理士試験は残念ながら誰もが合格できる試験というわけではありません。

資格取得を応援してくれないような事務所に勤務しながらでは、10年かかっても取得できないという状態になってしまうことも決して珍しくはありません。

税理士試験の勉強をしながら実務経験を積もうと考えて税理士事務所に入ったという人の場合、税理士事務所での仕事が忙しすぎて勉強をする時間がまったくとれない…というのでは、なんのために入社したのかわからなくなってしまいますよね。

税理士事務所で仕事をしながら税理士資格取得に成功する人もいますが、所属する税理士事務所に資格取得を応援する環境があるかどうかは重要です。

この「資格取得の応援方法」というのは税理士事務所によってさまざまです。

学費の援助や、試験勉強のための休暇を有給以外に付与してくれる(試験前1ヶ月は休暇をとっていいなど)などの制度を設けている税理士事務所も多いですね。

もし今所属している税理士事務所では何年かかっても税理士試験に受かりそうにない…と感じているのなら、別の税理士事務所にうつってみるのも良いかもしれませんよ。

税理士事務所を辞めたい人の転職先

現在、税理士事務所を辞めたいと考えている人は、次のような転職先を選択肢として検討してみると良いでしょう。

税理士や税理士補助としての仕事そのものは気に入っているという人もおられると思いますので、別の税理士事務所や税理士法人に移る時のポイントについても解説させていただきます。

【転職先①】大手税理士法人へ転職

税理士資格をすでに取得している人や、科目合格が3科目以上あるという方は、大手税理士法人へのステップアップも検討してみると良いでしょう。

大手税理士法人といえばBig4と言われる税理士法人(デロイトトーマツ、EY、KPMG、PwC)が代表的ですが、国内の大手税理士法人も最近は従業員数を増やしています(辻本郷や、山田&パートナーズなど)

BIG4、大手税理士法人以外の有力税理士事務所

準大手の税理士法人では以下のようなところが最近では有力ですね。

 

  • 税理士法人高野総合会計事務所
  • 税理士法人古田土会計
  • 税理士法人池脇会計事務所
  • 青山綜合会計事務所
  • 東京共同会計事務所

資産税に特化している税理法人

また、資産税分野に特化している税理士事務所で経験を積むのも大幅なキャリアアップにつながるでしょう。

 

  • 税理士法人レガシィ
  • 東京シティ税理士事務所
  • 税理士法人チェスター
  • 税理士法人タクトコンサルティング

 

これらの税理士法人に転職するメリットは、なんといっても給与が高いことですね。

30代で年収1000万円に到達する人も決して珍しくありません。

特に大手税理士法人では、契約しているクライアントには上場企業をはじめとする大企業がありますから、個人事務所レベルの税理士事務所では経験できないような仕事(国際会計基準への対応やIPOの準備など)を経験できるのも魅力です。

>>大手税理士法人の求人を見てみる

【転職先②】コンサル業界へチャレンジ

税理士資格保有者、3科目以上の科目合格者であれば、国内のコンサル会社や、外資系税理士法人のグループになっているコンサル会社への転職もおすすめです。

会計分野でのステップアップを考えている方は、大手税理士法人や監査法人のグループ子会社となっている財務アドバイザリーのコンサルを選ぶと、これまでと同じ方向性でキャリアアップしていけると思います。

大手税理士法人グループの財務アドバイザリー

例えば、PwCの子会社でPwCアドバイザリーや、トーマツ子会社のデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーと言ったところが財務アドバイザリー系のコンサルでは有力ですね。

これらの外資系会社の採用試験では英語力が必須になりますから、採用試験を受ける前の段階でTOEIC700点前後は取っておきたいところです。

ただ、実際に担当する仕事では必ずしも英語が必須というケースばかりではないようです(実際、私の税理士事務所時代の同僚はトーマツ系のコンサルにいますが、英語を使うのは海外から上司が視察にくるときぐらいみたいです)

国内のコンサルティング会社はどんなところがある?

ひとことでコンサルティング会社といってもいろんな種類があります。

税理士資格や科目合格者は会計や財務分野のコンサルティング会社(レコフやエスネットワークスといったところがあります)がおすすめです。

また、金融機関グループもいくつか財務コンサルを持っていますから、選択肢に入れてみると良いかもしれませんね(みずほコーポレートアドバイザリーなど)

その他の種類のコンサルとしては、ITコンサル組織人事に関するコンサルシンクタンク系のコンサル会社などがあり、具体的には以下のような会社が有名です。

基本的には大手企業が自社のノウハウをパッケージにしてコンサル会社として展開しているケースが多いですね。

 

  • ビジネスブレイン太田昭和
  • ワークスアプリケーションズ
  • 電通国際情報サービス
  • NTTデータ経営研究所
  • 野村総合研究所
  • マーサージャパン
  • リンクアンドモチベーション
  • グロービス
  • リクルートマネジメントソリューションズ

【転職先③】一般企業の経理職

税理士事務所で担当先を持って仕事をしている人はよくわかってもらえると思うのですが、税理士や税理士補助業務の実務経験がある人というのは、一般企業の経理職としてニーズが高いです。

担当していた企業の社長から「うちで経理やらない?」と言ったような形で引き抜かれるという人もとても多いですね。

実際、引き抜かれた先の企業で会社の金庫番という感じで経理全般を任され、活躍している人もいます。

税理士事務所でお客さんとの関係性がしっかりしていると自信がある方は担当先の社長に打診してみても良いかもしれません。

私の場合は採用試験を受けて経理になりました

私も現在は一般企業の経理をやっていますが、私は税理士事務所時代そんなに優秀でもなかったので、普通に一般企業の採用試験を受けて現在の会社に入社しました。

実際、転職活動をやってみた感覚としては、会計事務所の経験がある人は経理職としてのニーズはかなり高いというのが実感です。

税理士事務所時代より大幅に年収アップする場合がほとんどなので、税理士事務所の低い給料に不満があって辞めたいと考えている人は、一般企業経理への転職を検討してみると良いでしょう。

Pocket